音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

チャットモンチーが母校で涙のサプライズ卒業ライブ

1

チャットモンチーが3月1日に愛媛県立川之江高校でサプライズ卒業ライブを実施。体育館を埋め尽くす卒業生270名と在校生690名を前に最高のパフォーマンスを繰り広げた。

このライブは、彼女ら自身がレギュラーパーソナリティーを務めるTOKYO-FM「SCHOOL OF LOCK!」での、スペシャル企画「MY GENERATION」の一環として行われたもの。2006年はASIAN KUNG-FU GENERATION、2007年はYUIとゆず、そして昨年はくるりが卒業生のために出張ライブを行った。

学園祭への出演オファーが昨年100校を超えたチャットモンチーだけに、今年も全国の中高生から応募が殺到。400校を超える応募校の中から、ドラマー高橋久美子の母校でもある愛媛県立川之江高校の「創立100周年を締めくくるイベントとしてライブを行ってほしい」というリクエストに応えることになった。

生徒たちの悲鳴にも近い歓喜の声が沸きあがる中、ライブは「シャングリラ」からスタート。この日のセットリストはチャットモンチーの3人が卒業生へ贈りたい曲を厳選したものとなっており、最新シングル「Last Love Letter」や、高橋がこの川之江高校在学時の思い出を振り返りながら作った「サラバ青春」、新生活に希望を与えてくれるような「東京ハチミツオーケストラ」などアンコールも含め7曲が披露された。

曲の間で生徒たちから一斉に「おかえりー!」と声をかけられた先輩・高橋は、後輩たちに向かって「みんな最高!川校最高!ホンマにここに戻ってこれて嬉しい。途中、懐かしくて泣きそうになった」とコメント。卒業生へのはなむけとして「これからがスタート。出会いも、進む道もいっぱいあるので、ステキな人生を歩んでいってください」とエールを贈った。

大きな盛り上がりとなったこのライブでは、堪えきれずに涙を流している生徒の姿も多数。離れ離れになる友人たちと、3年間の高校時代を振り返りながら、最後のスペシャルな思い出を心に刻んだ。

音楽ナタリーをフォロー