音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

第1回“SMA AWARDS”発表!栄えある大賞はあのバンド

2081

4月19日に東京・日本武道館で「SMA AWARDS 2014~輝く!日本エスエムエー大賞~」が開催された。

これはソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)創立40周年を記念して開催されたライブイベントだ。SMA所属アーティストにして、このイベントの“特命係長”に任命された綾小路翔が、同じく同社所属のアーティストたちのこれまでの活動を称える各賞を制定。当日は同社所属の徳光和夫と渡辺満里奈の司会のもと、各賞に輝いたアーティストたちが紹介され、またその彼らがライブパフォーマンスを繰り広げる、いわゆる授賞式形式で進行した。

定刻、8000人のファンの待つ会場にはどこからともなく「開演に朝勃ちまして……いや先立ちまして、お前らに……いや皆さまにご注意があります」という、人を食ったような場内アナウンスが。続けてそのアナウンスの主、AMEMIYAが登場する。アコースティックギターを手に「SMA AWARDS 2014にようこそお越しくださいました」と語るAMEMIYAは、そのまま「冷やし中華はじめました」のメロディに乗せて、この日のイベントの概要を伝える歌を歌い始めた。そしてAMEMIYAと8000人が「40周年迎えました」と大合唱したところで客電が落ち、煽り映像とともにRamones「Do You Remember Rock 'n' Roll Radio?」のDJ OZMAバージョンが流れ出し「SMA AWARDS 2014」は開幕した。

まずはステージ下手の演壇に渡辺とともに立った徳光が「弊社の記念日、弊社の表彰にお金を払ってお越しいただきありがとうございます」とジョークを交えつつも、フォーマルにイベントの主旨を説明。そしてこの日のために桜井秀俊(G, BAND MASTER / 真心ブラザーズ)、ROLLY(G)、ハマ・オカモト(B / OKAMOTO'S)、渡辺シュンスケ(Key)、ASA-CHANG(Per)、たちばな哲也(Dr / SPARKS GO GO)、土岐麻子(Cho)、川畑要(Cho / CHEMISTRY)が結成したスペシャルバンド、桜井秀俊とザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)が「ザ・ヒットパレード」のテーマ曲のSMAバージョンをプレイしたのを合図に授賞式がスタートした。

最初の受賞者は氣志團。“時代に寄り添い、時代の隙間を泳ぎ続け、ロックを表現する彼ら”に贈られたのは「最優秀隙間賞」だ。声優・立木文彦ナレーションの煽り映像に受賞を告げられると、メンバーはオープニングSEの「BE MY BABY」から「夜明け」「Baby Baby Baby」へとつなぐ鉄板のセットリストで受賞記念ライブをスタートさせる。そして観客との「オーライ」のコール&レスポンスが徐々に「王貞治」「大黒摩季」へと変化していく定番のやり取りを「長いから」とトークバラエティ「ごきげんよう」よろしくチャイムで打ち切る小ネタを挟みつつ、原田公一SMA会長をイメージした6人のダンサーとともに現在放送中の月9ドラマ「極悪がんぼ」のテーマソングにして新曲「喧嘩上等」と「One Night Carnival」をドロップして、ひとまずステージをあとにした。

その後、プレゼンターの徳光から受賞の盾を受け取った、授賞式の“特命係長”團長は「すみません、なんか自作自演みたいになっちゃって」と苦笑い。しかし最後は「我々がいなくても皆さまは死にません。しかし、我々がいると皆さまの人生が少し楽しくなる。そんなことを心がけてこれからも楽しい音楽を続けていきたいと思います」と“ビシッと”締めてみせていた。

続いてステージに登場したプレゼンター・倉科カナが贈るのは「最優秀名誉顧問賞」。受賞したのは奥田民生なのだが、ステージ中央にヤンキー座りのまませり上がってきた奥田は開口一番「なんスか、最優秀名誉顧問賞って」「名誉顧問は1人だけじゃないですか」とボヤキ出す。しかし、それを無視するかのように渡辺が「では喜びを歌にしていただきたいと思います」と強引に水を向けると、ザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)とともに「イージュー★ライダー」をドロップ。続けて自らがプレゼンターとなり「アジア最優秀純真賞」をPUFFYに贈ると、リメイク振り袖姿の2人と奥田はザ・キラーストリートスライダーズ(仮)と「渚にまつわるエトセトラ」をプレイした。

「QUEEN OF SMA賞」を受賞したYUKIからの「QUEENってなんかのイジメですか?」という手紙を渡辺が代読したあとに登場したのは「SMA世界文化遺産認定賞」受賞者・フジファブリック。キラーチューン「夜明けのBEAT」でライブの幕を開けた彼らは、山内総一郎(Vo, G)の「世界……何賞でしたっけ?」というノンキなMCを交えつつ「ダンス2000」「徒然モノクローム」「バタアシParty Night」など、アップリフティングなナンバーを中心にステージを構成。「STAR」で8000人のハンドクラップを巻き起こして、受賞記念ライブを締めくくった。なお山内はライブ後、徳光から受け取った盾に書かれた「SMA世界文化遺産認定賞」の文字を見て「なるほどな」とひと言。昨年“富士”山が世界文化遺産に登録されたことになぞらえた賞だったことにようやく納得していた。

徳光に「私の甥といいましょうか、姪といいましょうか。甥ですね」と紹介されてステージに現れたのは「SMAベストドレッサー賞」のプレゼンター、ミッツ・マングローブ。「縁故で所属できる事務所ってなかなかないですよ」とミッツが笑っていると、煽り映像が流れ出し「ところで今、東京は夜の何時?」との立木の声とともにスクリーンにデジタル時計が表示される。そして時計が“夜の七時”を指したところで受賞者・野宮真貴が賞の名に恥じないスタイリッシュなピンクのミニワンピース姿でステージに登場。ザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)とともに「東京は夜の七時」を軽快にパフォーマンスした。

ミッツが野宮に「こんなオカマよりパンチのある女、珍しいですよ」と野宮に受賞の盾を渡すと、続いては「最優秀木村賞」の発表が行われ、受賞者・木村カエラがビデオメッセージを寄せる。そして「最優秀木村賞って?」「木村拓哉さんとかもいらっしゃるのに」と小首をかしげつつも彼女が「日本を代表する木村として日々精進していきたいと思います」と語ったあとには「最優秀スターな男達賞」が発表された。

受賞者はもちろんユニコーン。揃いのカーキ色のつなぎ姿の5人はヒゲダンスでステージに登場すると、ボーカルのABEDON(Key)が事務所の社名と住所を叫ぶだけの高速パンクナンバー「CSA」の“SMA”バージョンからライブをスタート。以降「KEEP ON ROCK'N ROLL」や、受賞理由となった「スターな男」など新旧織り交ぜた楽曲をプレイする。「途中SMAにまったく貢献していない16年がありましたが、なにごともなかったかのようにやっております!」との奥田(Vo, G)のMCのあとには川西幸一(Dr)、EBI(B)、手島いさむ(G)がボーカルを回す「あなたが太陽」や、EBIのボーカル曲「夢みた男」などを披露し、「大迷惑」では奥田がハンドマイクを手にステージ狭しと駆け回り、客席の熱気をこの日何度目かのピークへと押し上げてみせた。

ABEDONが受け取る予定だった盾を、ジャンケンで勝った手島が受け取るという“らしい”やり取りをユニコーンが繰り広げたのちには、ザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)によるスペシャルアクトが行われた。川畑要がCHEMISTRYのヒット曲「You Go Your Way」を歌えば、土岐麻子もヒットチューン「Gift~あなたはマドンナ~」を披露。さらにギターのROLLYはすかんち「恋のマジックポーション」を歌唱する。

バイきんぐから「最優秀会いたい賞」を贈られたのは、当然西野カナ。2人から盾を受け取った彼女は「こんなキレイなクリスタルに『会いたくて 会いたくて 震える』って書いてますよ」と笑いつつ、ザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)の演奏をバックに「会いたくて 会いたくて」を高らかに歌い上げる。

イベント後半突入間もなく発表されたのは「最優秀世界周遊賞」。昨年の米国「Coachella Valley Music and Arts Festival」など海外公演も多数こなし、團長が「フェス最強」と太鼓判を押す東京スカパラダイスオーケストラの登場だ。

茂木欣一(Dr)の「Are You Ready」のかけ声とドラムロールから始まったスカパラのステージは先ほどの團長のコメントにまったく違わぬ内容に。「5 days of TEQUILA」「ルパン三世'78」をご挨拶とばかりに叩き込むと、谷中の「戦うように楽しんでくれよ!」というシャウトののちにも「DOWN BEAT STOMP」「SKA ME CRAZY」などをエモーショナルに連投。さらには「コラボ好きの我々としては今日もコラボしないわけにはいかない」とコラボタイムも展開する。9人はまずフジファブリックを呼び込み、彼らのナンバー「Surfer King」を12人でプレイ。そのイントロが鳴り響いた瞬間大歓声を上げる8000人を前に奥田民生をゲストボーカルに「美しく燃える森」を披露したのちには、入れ替わるように登場した團長とともに、田島貴男とのコラボ曲「めくれたオレンジ」をパフォーマンスし、SMA AWARDSならではのパーティ感、お祭り感を演出した。

プレゼンターの国生さゆりと司会の渡辺満里奈が演壇に並ぶ2ショットに会場がどよめく中、発表された「最優秀兄弟賞」の受賞者・真心ブラザーズがスカパラホーンズとザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)とともに「ENDLESS SUMMER NUDE」をプレイして、この日の各出演者のアクトは終了。徳光が全出演者を改めてステージに呼び込むと「大賞の選定を忘れてた」とする團長が、この日1日八面六臂の活躍を見せたザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)に大賞を贈り、原田会長が挨拶すると、SMA AWARDS大賞受賞バンド、桜井秀俊とザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)が改めて「ザ・ヒットパレード」テーマ曲のSMAバージョンを演奏して、5時間にわたる授賞式の幕を下ろした。

※記事初出時、本文に一部事実とは異なる記載がございました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー