音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

時雨TK×amazarashi、圧巻セッションで魅せた初競演

324

9月30日に東京・LIQUIDROOM ebisuにて、TK from凛として時雨amazarashiの対バンライブが開催された。

初顔合わせとなるこの競演は、LIQUIDROOM ebisu開店9周年企画の一環で実現。amazarashiにとっては初めての対バンイベントとあって、開催発表と同時に大きな注目を集めていた。

各アクトの前にはGOTH-TRADがハードかつノイジーなダンスチューンを繰り出し、フロアに足を踏み入れたオーディエンスの耳を刺激する。ほどよく熱気が高まった頃、先攻を務めるamazarashiのライブが「ポエジー」から始まった。彼らはワンマンライブと同様に、ステージの前面を覆う紗幕にPVなどを投影し、音楽と映像を融合させたステージを繰り広げていく。焦燥感を漂わせるバンドサウンドと秋田ひろむのエモーショナルな歌声、物語を感じさせるような映像の数々に観客は釘付けに。MCらしいMCは挟まないamazarashiだが、秋田は時折「ありがとう」と穏やかに述べ、オーディエンスとの距離を少しずつ縮めていた。

またライブ後半には「匿名希望」と「あんたへ」という新曲2曲が届けられ、新たなamazarashiの世界が提示される。スリリングな展開を見せる「匿名希望」は、おどろおどろしいフレーズとともに照明が明滅。刺激的な演出とともに、鮮烈な印象を観客に残していた。「あんたへ」を歌う前に秋田は、地元で弾き語りをしていた頃のエピソードを交え、「ワイはずっと自分が言われたい言葉を探してたんじゃないかって思います」と楽曲に込めた思いを説明。その言葉を引き継ぐように、力強いメッセージを刻んだナンバーを歌い上げていた。

続くTK from凛として時雨は、新曲の弾き語りという意表を突く形でパフォーマンスをスタート。柔らかなメロディや、ほんのりかすれた歌声で観客を包み込んでいく。そしてTK(Vo, G)の「TKです。よろしくお願いします」という言葉をきっかけにバンドメンバーがスタンバイ。「flower」を皮切りに、「Abnormal trick 」「12th laser」など最新アルバム「flowering」からのナンバーが次々と披露された。

浮遊感のあるTKの歌声と、緻密なアンサンブルがフロア中を満たし、オーディエンスはスリリングなセッションを固唾を飲んで見守る。本編の後半では「新曲をやります」というアナウンスとともに、TKのタッピングが光る「Fantastic Magic」をプレイ。新しい音楽性を観客にアピールし、本編のラストナンバーの「film A moment」へとつなげていた。

その後アンコールに応えてステージに再び登場したTKは、照れ笑いをしながら「ありがとうございます」と告げる。さらに感謝の思いを表すように、メジャーコードを取り入れたダンサブルな新曲(タイトル未定)を披露。ライブの幕開けを飾った弾き語りによる新曲とも「Fantastic Magic」とも違う、新たなTK from凛として時雨のサウンドで観客を魅了した。そしてアンコールの2曲目は、時雨の「シャンディ」を“セルフカバー”した「Shandy」で締めくくる。規則正しいリズムの上に、ささやくようなTKの歌声と、一糸乱れぬ緻密なアンサンブルが絡み合っていく。そして刺激的な余韻を残して、TK from凛として時雨とamazarashiの初ツーマンは幕引きとなった。

LIQUIDROOM 9th ANNIVERSARY presents “UNDER THE INFLUENCE” 「TK from 凛として時雨 × amazarashi」
2013年9月30日(月)東京都 LIQUIDROOM ebisu

amazarashi

01. ポエジー
02. 夏を待っていました
03. ジュブナイル
04. 性善説
05. この街で生きている
06. ラブソング
07. 空っぽの空に潰される
08. 匿名希望
09. あんたへ
10. 美しき思い出

TK from 凛として時雨

01. 新曲
02. flower
03. Abnormal trick
04. 12th laser
05. phase to phrase
06. haze
07. Fantastic Magic
08. film A moment
<アンコール>
09. 新曲
10. Shandy

音楽ナタリーをフォロー