死神紫郎

死神紫郎

シニガミシロウ

東京都内を中心に活動するギター弾き歌手。2004年に死神名義で音楽活動をスタートし、アコースティックギター弾き語りのほか太鼓叩き語り、舞踏、紙芝居などさまざまな形態でライブパフォーマンスを繰り広げてきた。2018年に死神紫郎へと改名し、翌2019年に最新アルバム「さよなら平成」を発表。ロックバンド・組織暴力幼稚園のギタリストを務めるほか、役者、詩人、“説法系”YouTuberなど幅広く活動を展開している。