役所広司や深田晃司、森崎ウィン、筒井真理子が東京国際映画祭セレモニーに登場

414

第33回東京国際映画祭のオープニングセレモニーが本日10月31日に東京・東京国際フォーラムで行われ、フェスティバル・アンバサダーの役所広司らが出席した。

役所広司

役所広司

大きなサイズで見る(全8件)

第33回東京国際映画祭 ポスタービジュアル

第33回東京国際映画祭 ポスタービジュアル[拡大]

新型コロナウィルスによる影響で、世界中の映画祭が中止や延期を余儀なくされている。東京国際映画祭も協賛金が大幅に減少しており、上映本数も例年と比べ3割減での開催となった。あくまで映画館での上映にこだわり、「映画を観る喜びを再認識し、映画の未来への希望の光を灯す」「映画を通じて国際的な連帯を強める」「コロナ後の映像文化についての考察を深める」という3つの目的を掲げ実施する。

役所広司

役所広司[拡大]

役所は「コロナ禍での映画祭開催というのは今後に生かされると思います。これからコロナと共存していかなければいけないのであれば、みんなで知恵を絞ってがんばっていきたい」と語る。続けて映画の持つ力について問われると「子供の頃から無意識ですがいろんなことを教わってきました。暗闇の中で得たゾクゾクするような感動の記憶は今でも脳裏に焼き付いていて、僕の生きていく力になっています」と真摯に述べた。そして「日本映画には素晴らしい先輩たちがいて、世界中の映画ファンを魅了してきました。そういう先輩たちに恥じないように、素晴らしい映画祭に成熟していくよう願っています」と口にする。

深田晃司

深田晃司[拡大]

森崎ウィン

森崎ウィン[拡大]

筒井真理子

筒井真理子[拡大]

続いて「Japan Now」部門で特集が組まれている深田晃司、彼の監督作「本気のしるし 劇場版」に出演している森崎ウィン、「よこがお」に出演している筒井真理子が登場。深田は「特集を組んでいただけるなんて思ってもいませんでした」と驚きを伝え、「10年前に『歓待』が『日本映画・ある視点部門』で作品賞をいただきました。あれからちょうど10年という節目に特集を組んでいただけたことで、『これから先また10年間がんばれ!』と叱咤激励していただいているような気がしています」とコメント。森崎は「本気のしるし 劇場版」に関して、「台本を読んだときは、0.1%も共感できなかったんですが、監督とコミュニケーションを取らせていただいている間に、気付いたら深田マジックにかかっていました」と思い返す。筒井は「監督の作品は以前から拝見していたのですが、日常を信じていいのかな?って地面が揺れているような感覚になる。やわらかいナイフで刺されているような、中毒になるような感じですね」と話した。

第33回東京国際映画祭は、11月9日まで東京・六本木ヒルズほかで開催。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

役所広司のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 よこがお / 本気のしるし 劇場版 / 役所広司 / 深田晃司 / 森崎ウィン / 筒井真理子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。