38人のゴダール論収めた書籍発売、発刊記念シンポジウムに佐々木敦や深田晃司

268

書籍「フィルムメーカーズ 21 ジャン=リュック・ゴダール」が8月15日に発売されることを記念して、明日7月31日と8月1日に東京のアテネ・フランセ文化センターで「ジャン=リュック・ゴダール 映画史 全8章」の上映とシンポジウムが行われる。

「フィルムメーカーズ 21 ジャン=リュック・ゴダール」書影

「フィルムメーカーズ 21 ジャン=リュック・ゴダール」書影

大きなサイズで見る

「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」「イメージの本」などで知られるジャン=リュック・ゴダール。「フィルムメーカーズ 21 ジャン=リュック・ゴダール」は、38名の日本人によるゴダール論で構成されており、価格は税込2970円だ。7月31日のシンポジウムには本書の責任編集を担当した佐々木敦のほか、西田宣善金子遊清原惟、8月1日には佐々木に加え深田晃司荻野洋一、児玉美月が登壇する。チケットは上映の1時間前から当日分を販売。詳細についてはアテネ・フランセ文化センター公式サイトで確認を。

「フィルムメーカーズ 21 ジャン=リュック・ゴダール」発刊記念上映会とシンポジウム

2020年7月31日(金)、8月1日(土) 東京都 アテネ・フランセ文化センター
料金:一般 2500円 / 学生、シニア 2000円 / アテネ・フランセ文化センター会員 1500円
<上映作品>
「ジャン=リュック・ゴダール 映画史 全8章」

<上映スケジュール>
13:30~
第1章=1A「すべての歴史」
第2章=1B「ただ一つの歴史」
15:10~
第3章=2A「映画だけが」
第4章=2B「命がけの美」
第5章=3A「絶対の貨幣」
第6章=3B「新たな波」
17:10~
第7章=4A「宇宙のコントロール」
第8章=4B「徴(しるし)は至る所に」
18:30~シンポジウム開催

7月31日 シンポジウム登壇者

佐々木敦(「フィルムメーカーズ 21 ジャン=リュック・ゴダール」責任編集)
西田宣善(映画プロデューサー、「フィルムメーカーズ」シリーズ企画編集)
金子遊(映像作家、批評家)
清原惟(映画監督)

8月1日 シンポジウム登壇者

佐々木敦
深田晃司(映画監督)
荻野洋一(映画批評家、映画監督)
児玉美月(映画執筆家)

関連記事

ジャン=リュック・ゴダールのほかの記事

リンク

関連商品

    「フィルムメーカーズ 21 ジャン=リュック・ゴダール」

    「フィルムメーカーズ 21 ジャン=リュック・ゴダール」

    [書籍] 2020年8月15日発売 / 宮帯出版社