映画芸術2019年のベスト&ワースト10発表、ベスト1は「火口のふたり」

93

1868

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 390 505
  • 973 シェア

季刊誌・映画芸術の最新号に「2019年日本映画ベストテン&ワーストテン」が掲載される。1月30日の発売に先駆け、ランキングが発表された。

「火口のふたり」 (c)2019「火口のふたり」製作委員会

「火口のふたり」 (c)2019「火口のふたり」製作委員会

大きなサイズで見る(全3件)

「半世界」 (c)2018「半世界」FILM PARTNERS

「半世界」 (c)2018「半世界」FILM PARTNERS[拡大]

「宮本から君へ」 (c)2019「宮本から君へ」製作委員会

「宮本から君へ」 (c)2019「宮本から君へ」製作委員会[拡大]

ベストテン1位は映画芸術の編集長・荒井晴彦が監督と脚本を担当した「火口のふたり」に決定。白石一文の同名小説をもとに、柄本佑と瀧内公美演じる再会した男女の情動を描いた作品だ。2位には阪本順治が監督を務め、稲垣吾郎、長谷川博己、渋川清彦が学生時代からの友人に扮した「半世界」が選ばれた。続いて、新井英樹によるマンガを真利子哲也が実写化した「宮本から君へ」が3位にランクインしている。

ワーストテンでは1位が三谷幸喜の「記憶にございません!」、2位が蜷川実花の「Diner ダイナー」と続き、白石和彌が阿佐田哲也の小説を大胆に翻案した「麻雀放浪記2020」と矢口史靖の「ダンスウィズミー」が同率3位となった。それぞれの選評は映画芸術の誌面でチェックしよう。

映画芸術 2020年2月号

「映画芸術 2020年2月号」
Amazon.co.jp

映画芸術は、1946年に俳優・津川雅彦の伯父にあたる大橋恭彦を編集・発行人として創刊され、1989年以降は荒井が編集長を引き継いできた映画批評専門誌。毎年恒例の「日本映画ベスト&ワースト」には、映画評論家のみならず監督や脚本家などの映画人、劇場スタッフ、一般の会社員らが参加している。

映画芸術 2019年日本映画ベストテン&ワーストテン

ベストテン

1位「火口のふたり」
2位「半世界」
3位「宮本から君へ」
4位「嵐電
5位「よこがお
6位「月夜釜合戦
7位「多十郎殉愛記
8位「岬の兄妹
8位「殺さない彼と死なない彼女
10位「ワイルドツアー
※「岬の兄妹」「殺さない彼と死なない彼女」は同率8位

ワーストテン

1位「記憶にございません!」
2位「Diner ダイナー」
3位「麻雀放浪記2020」
3位「ダンスウィズミー」
5位「新聞記者
6位「愛がなんだ
6位「マチネの終わりに
8位「タロウのバカ
9位「蜜蜂と遠雷
10位「スペシャルアクターズ
※「麻雀放浪記2020」「ダンスウィズミー」は同率3位
※「愛がなんだ」「マチネの終わりに」は同率6位

この記事の画像(全3件)

読者の反応

オタ小児科医 @otapediatrician

ワーストテンは半分くらい聞いたことあり。ベストテンは一つもタイトルすら聞いた覚え無し。エンタメ重視で映画観るなら全く参考にしなくて良さそうなランキングやね… https://t.co/Lt4PknXdyw

コメントを読む(93件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

荒井晴彦のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ワイルドツアー / 月夜釜合戦 / 多十郎殉愛記 / スペシャルアクターズ / 岬の兄妹 / 嵐電 / ダンスウィズミー / 火口のふたり / よこがお / マチネの終わりに の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。