「愛がなんだ」「宮本から君へ」など6本、2019年の邦画を集めた特集上映開催

803

特集上映「気になる日本映画達(アイツラ)2019 PART1」が、3月23日から28日にかけて東京・新文芸坐で行われる。

「愛がなんだ」 (c)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

「愛がなんだ」 (c)2019映画「愛がなんだ」製作委員会

大きなサイズで見る(全4件)

「嵐電」 (c)Migrant Birds/Omuro/Kyoto Univercity of Art and Design

「嵐電」 (c)Migrant Birds/Omuro/Kyoto Univercity of Art and Design[拡大]

この特集では、2019年に公開された日本映画6本を上映。3月23日、26日には鈴木卓爾が監督を務めた井浦新の主演作「嵐電」と、大阪・釜ヶ崎を舞台にした人情喜劇「月夜釜合戦」がスクリーンにかけられる。なお、23日には18:10の回終了後に鈴木と「月夜釜合戦」に出演した川瀬陽太が登壇する舞台挨拶も。

「宮本から君へ」 (c)2019「宮本から君へ」製作委員会

「宮本から君へ」 (c)2019「宮本から君へ」製作委員会[拡大]

3月24日、27日には柄本佑瀧内公美の共演作「火口のふたり」と、足に障害を持つ兄と知的障害を抱えた妹の姿を描いた「岬の兄妹」、そして3月25日、28日には今泉力哉がメガホンを取り、岸井ゆきの成田凌深川麻衣若葉竜也が出演した「愛がなんだ」と、池松壮亮蒼井優が共演した「宮本から君へ」がラインナップに並んだ。

気になる日本映画達(アイツラ)2019 PART1

2020年3月23日(月)~28日(土)東京都 新文芸坐
料金:一般 1450円 / 学生 1350円 / シニア、障害者、小学生以下 1200円 / 友の会 1150円
ラスト1本料金:一般、学生 1000円 / シニア、友の会 950円
<上映作品>
「嵐電」
「月夜釜合戦」
「火口のふたり」
「岬の兄妹」
「愛がなんだ」
「宮本から君へ」

この記事の画像(全4件)

関連記事

鈴木卓爾のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 月夜釜合戦 / 岬の兄妹 / 嵐電 / 火口のふたり / 愛がなんだ / 宮本から君へ / 鈴木卓爾 / 井浦新 / 川瀬陽太 / 柄本佑 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。