東京フィルメックスのラインナップ発表、ロウ・イエやウェイン・ワン作品など

315

第20回東京フィルメックスの上映ラインナップが、本日10月10日に発表された。

「シャドウプレイ」 (c) DREAM FACTORY, Travis Wei

「シャドウプレイ」 (c) DREAM FACTORY, Travis Wei

大きなサイズで見る(全24件)

「カミング・ホーム・アゲイン」

「カミング・ホーム・アゲイン」[拡大]

アジアを中心に新進気鋭の映像作家を発掘してきた東京フィルメックス。記念すべき第20回のオープニング作品には、ロウ・イエのベルリン映画祭出品作「シャドウプレイ」が選ばれた。クロージング作品はウェイン・ワンの新作「カミング・ホーム・アゲイン」となる。

「静かな雨」 (c)2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋

「静かな雨」 (c)2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋[拡大]

「つつんで、ひらいて」 (c)2019「つつんで、ひらいて」製作委員会

「つつんで、ひらいて」 (c)2019「つつんで、ひらいて」製作委員会[拡大]

コンペティション部門では、仲野太賀衛藤美彩が主演を務めた中川龍太郎監督作「静かな雨」や、「夜明け」の広瀬奈々子がブックデザインの第一人者・菊地信義を追ったドキュメンタリー「つつんで、ひらいて」のほか、インド、カンボジア、シンガポール、フィリピンなどの作品が全10本選出された。審査員はイランの女優ベーナズ・ジャファリ、香港の監督シュウ・ケイ、写真家の操上和美ほか2名が務める。

「牛」

「牛」[拡大]

またクラシック作品として、イランのダリウシュ・メールジュイによる「牛」などの上映も。デビュー30周年を迎える阪本順治の特集として「鉄拳」「ビリケン」「KT」などがスクリーンにかけられる。

「息もできない」

「息もできない」[拡大]

記念すべき20回目の開催にあたり、歴代のコンペティション部門受賞作品を対象に行われた投票の結果も明らかに。上位5位にランクインした作品よりロウ・イエ「ふたりの人魚」、ヤン・イクチュン息もできない」、内田伸輝ふゆの獣」が上映される。

第20回東京フィルメックスは11月23日から12月1日まで東京・有楽町朝日ホールほかで開催。チケットは11月3日に発売となる。主なラインナップは以下の通り。

第20回東京フィルメックス

2019年11月23日(土・祝)~12月1日(日)東京都 有楽町朝日ホールほか

東京フィルメックス・コンペティション

水の影」(サナル・クマール・シャシダラン / インド)
昨夜、あなたが微笑んでいた」(ニアン・カヴィッチ / カンボジア、フランス)
熱帯雨」(アンソニー・チェン / シンガポール、台湾)
評決」(レイムンド・リバイ・グティエレス / フィリピン)
ニーナ・ウー」(ミディ・ジー / 台湾、マレーシア、ミャンマー)
「気球」(ペマツェテン / 中国)
「春江水暖」(グー・シャオガン / 中国)
波高(はこう)」(パク・ジョンボム / 韓国)
「静かな雨」(中川龍太郎 / 日本)
「つつんで、ひらいて」(広瀬奈々子 / 日本)

特別招待作品

「シャドウプレイ」(ロウ・イエ / 中国)※オープニング作品
「カミング・ホーム・アゲイン」(ウェイン・ワン / アメリカ、韓国)※クロージング作品
「完全な候補者」(ハイファ・アル=マンスール / サウジアラビア、ドイツ)
ヴィタリナ(仮題)」(ペドロ・コスタ / ポルトガル)
ある女優の不在」(ジャファル・パナヒ / イラン)
夢の裏側~ドキュメンタリー・オン・シャドウプレイ」(マー・インリー / 中国)

特別招待作品 フィルメックス・クラシック

「牛」
「HHH:侯孝賢」
フラワーズ・オブ・シャンハイ
大輪廻
「空山霊雨」

特集上映 阪本順治

「鉄拳」
「ビリケン」
「KT」
※ほか1作品

特集上映 歴代受賞作人気投票上映

「ふたりの人魚」
「息もできない」
「ふゆの獣」

この記事の画像(全24件)

関連記事

ロウ・イエのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 カミング・ホーム・アゲイン / ヴィタリナ / シャドウプレイ / ある女優の不在 / つつんで、ひらいて / 夢の裏側~ドキュメンタリー・オン・シャドウプレイ / HHH:侯孝賢(ホウ・シャオシエン) / 息もできない / フラワーズ・オブ・シャンハイ / 大輪廻 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。