映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「食べる女」現場レポ、小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子らが華やかに食卓囲む

273

「食べる女」メイキングカット

「食べる女」メイキングカット

小泉今日子が主演を務める「食べる女」の撮影現場に、映画ナタリーが密着した。

短編集「食べる女」「続・食べる女」の映画化を原作者の筒井ともみ自ら企画し脚本を手がけた本作は、8人の女たちの日常が料理とセックスを通して描かれる群像劇だ。小泉は古書店“モチの家”の店主で雑文筆家でもあるトン子こと餅月敦子を演じる。

2018年1月、この日はトン子の住居も兼ねているモチの家に女性陣が集まり、食卓を囲んでおしゃべりする場面を収録。トン子の担当編集者で“ドド”こと小麦田圭子役の沢尻エリカ、制作会社のアシスタントプロデューサー・白子多実子に扮する前田敦子、2児の母・米坂ツヤコを演じる壇蜜、料理のできない主婦で“マチ”こと豆乃・リサ・マチルダに扮するシャーロット・ケイト・フォックス、ごはんや“道草”の女将・鴨舌美冬役の鈴木京香といった、食べ物の名前が入ったユニークな役名を持つ女性キャストたちが一堂に会した。

職業も年齢も恋愛観も異なる女性を演じる6人の女優たちが6畳間の居間にそろうさまは、なんとも華やか。着物姿の鈴木は慣れた手付きで料理を台所からテーブルに運び、同じく着物に身を包んだフォックスは笑顔で料理をテーブルに並べていく。筒井が考案したレシピを含む50品以上の家庭料理が登場する本作では、スペシャルドラマ「みをつくし料理帖」などを手がけたフードコーディネーター・深沢えり子がスタジオに設置された調理室で手際よく料理を作り、提供。菜の花の昆布じめ、アジのサワークリーム和え、手羽先の岩塩焼きなどの品がテーブルを彩っていく。

居間には使い込まれた雰囲気の鏡台やランプが並び、押し入れの中には布団が積まれている。時が止まったような空間には和やかな空気が流れ、前田はトン子の飼い猫・シラタマを優しくなでるなど、女優陣たちは心置きなくくつろいでいる様子だ。芝居はほぼアドリブに近い状態で、皆「おいしい」と顔をほころばせ、楽しそうに会話を弾ませる。ツヤコの子供・リュージ役の瀧福之助、ミドリ役の鈴木優菜が、母親役の壇蜜と実の親子のように団らんしていると、監督・生野慈朗が新たなシーンを提案。庭の井戸のほうへ子供役の2人が歩いていき、彼らに誘われた沢尻と前田が井戸をのぞき込む芝居が追加されることになった。沢尻と前田は目を輝かせながら井戸を囲んでナチュラルに会話を交わす。どこか懐かしさを感じさせる情景が現場の空気をやわらかに包んだ。

料理や居間だけでなく、台所や古書店のセットも細部までこだわりが満載。台所には、使いかけで封がしてある煮干し、折り込みチラシで作った小物入れ、レシートの束、手書きのレシピなどが置かれ、それぞれのキャラクターに合ったお酒も並んでいる。筒井が手書きした看板が掲げられた古書店には、池波正太郎、宇野千代、森茉莉、村井弦斎ら文豪が書いたエッセイ本に加え、レシピ本やマンガなど食に関する古本がずらり。実際にあったら訪れてみたくなる趣のある空間となっていた。

山田優、広瀬アリス、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、間宮祥太朗らも出演する「食べる女」は、9月21日よりロードショー。

(c)2018「食べる女」倶楽部

映画ナタリーをフォロー