映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

舘ひろし、主演作に3行以上のセリフが!あぶデカ仲間ベンガル「やればできるじゃん」

339

「終わった人」完成披露舞台挨拶の直前に開催された、記者会見の様子。

「終わった人」完成披露舞台挨拶の直前に開催された、記者会見の様子。

終わった人」の完成披露舞台挨拶が、本日5月10日に東京・東京国際フォーラムにて開催され、キャストの舘ひろし黒木瞳広末涼子田口トモロヲベンガル、監督の中田秀夫、原作者の内館牧子が登壇した。

本作は、大手銀行のエリートコースを外れ定年を迎えた男・田代壮介を主人公にしたコメディ。館が壮介を演じ、美容師として忙しく働く壮介の妻・千草に黒木瞳が扮する。

初の夫婦役となる舘との共演について、黒木は「舘さんとは長い長いお付き合いをさせていただいておりますので、長年連れ添った夫婦の空気感が出せるんじゃないかと、自信を持ってオファーをお受けしました」と話す。過去に恋人役は演じたことがあることから、舘は「ドラマで、一緒にお風呂(温泉)に入ったこともある」とニヤリ。続けて「今までは受ける芝居が多かったのですが、今回はアドリブも許されたので楽しくやりました。フラフラした芝居をしていたんですが、黒木さんが正統派の芝居でそこにいてくれるのでやりやすかったです。黒木さんを信じてこの映画をやりました!」と感謝を述べた。

黒木は現場を「舘さんはすごくダンディで気配りが利く方。飲みたいときに『コーヒー飲むか?』と言ってくれて、かゆいところに手が届くような感じです。でも壮介は真逆で、かゆくもないところを掻いてくれるような人(笑)。そういう舘さんを見ることができて新鮮でした」と回想し、舘と中田の様子を「男同士のミーティングをなさって、ずっとニタニタしていた」と証言。それを受け舘は「壮介がいやらしい写真を見ようと思って(雑誌の)袋とじを開けるシーンがあるんですけど……もう、これはまるっきり監督のアイデアです(笑)」と責任を放棄してみせた。

舘の大ファンだという広末は「小学校の頃『あぶない刑事』が大好きで。柴田恭兵さんの走り方をまねしていたくらいです」と明かす。また「あぶない刑事」で舘と共演したベンガルは「『あぶない刑事』でアドリブをやるとしたら柴田恭兵さんか、浅野温子さんか、僕くらいで、舘さんはやらない。『俺は脚本通りにしか言わないよ』と言いながらも3行以上のセリフは短くカットしちゃうんですよ(笑)」と暴露しつつ、本作終盤での共演シーンに関して「舘さんが10行くらいのセリフを言うんですよ! なんだ、やればできるじゃん!って(笑)。僕はそのセリフを目の前で聞いていて、ちょっと感動してウルウルしました」と笑いを起こした。

最後に舘は「定年を迎えた方、迎えそうな方には非常に参考になる映画だと思います。定年は終わりではなく、次のステージの始まりだと感じさせてくれる作品です」とアピール。そして黒木は、これから本編を鑑賞する観客へ「舘さんが本当にかわいい。こんなに無防備な舘さんは初めて見ました。定年した人は戦うものがない、名刺もない、プライドもない、そんな無防備な状態なんだなと思いました。そんな舘さんをご覧になれば、きっとがんばろうという気持ちになれると思う。たくさん笑って楽しんでいただけたら」と語りかけた。

「終わった人」は、6月9日よりロードショー。

(c)2018「終わった人」製作委員会

映画ナタリーをフォロー