映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

フランス映画祭ラインナップ発表、アニエス・ヴァルダやフランソワ・オゾンの来日決定

224

「顔たち、ところどころ」 (c)Agnes Varda-JR-Cine-Tamaris, Social Animals 2016

「顔たち、ところどころ」 (c)Agnes Varda-JR-Cine-Tamaris, Social Animals 2016

フランス映画祭2018のラインナップ発表記者会見が本日4月23日に東京・フランス大使館で行われ、フェスティバル・ミューズを務める常盤貴子らが出席した。

日仏交流160周年を迎え、26回目となる本年は、12本がラインナップに。オープニングには「最強のふたり」のエリック・トレダノオリヴィエ・ナカシュが監督した「セラヴィ!」が選ばれた。そのほか第70回カンヌ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞にあたるルイユドールを獲得したアニエス・ヴァルダJRの監督作「顔たち、ところどころ」、フランソワ・オゾンの「Double Lover(英題)」、アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を原作にルイ・ガレルジャン=リュック・ゴダールを演じた「Redoubtable(英題)」といった作品が並ぶ。

また「愛人/ラマン」「二十四時間の情事」などの原作小説で知られる作家であり、映画監督でもあるマルグリット・デュラスの愛と苦悩をつづった「La Douleur(原題)」、「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」の監督らによる新作アニメーション「とてもいじわるなキツネと仲間たち」、俳優としても活躍するアルベール・デュポンテルが監督を務め、第43回セザール賞で5部門を獲得した「See You Up There(英題)」などもスクリーンにかけられる。

期間中は「セラヴィ!」のトレダノとナカシュ、「顔たち、ところどころ」のヴァルダ、「子どもが教えてくれたこと」の監督アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン、「Double Lover」のオゾン、「See You Up There」のデュポンテル、同作と「La Douleur」に出演するメラニー・ティエリー、「REVENGE リベンジ」の監督コラリー・ファルジャが来日。ゲストが“フランス映画の今”を語るマスタークラスも実施予定だ。

NHK Eテレの「旅するフランス語」にレギュラー出演し、プライベートで幾度もフランスを訪れているという常盤は、フランス語で挨拶したあと「フランスが大好きで、フランス映画も大好きなんです」と笑顔を見せる。「フランス語に限らず、言語を学ぶとその国のことがより深く理解できる。素敵な部分がより見えてきたり、不思議と思っていた部分の謎が解けたり。これは映画についても同じだと思います」とコメント。そしてフランソワ・トリュフォーの「映画に愛をこめて アメリカの夜」をお気に入りの1本に挙げた。

13年ぶりに神奈川・横浜で開催される同映画祭。横浜出身である常盤はこのことに喜びを隠せないようで「個人的な感覚ですがフランス人はメジャーが嫌いだと思うんです。だから東京ではなく横浜のほうが気に入るんじゃないかな」と話し、「東京での開催とは違う雰囲気に。唯一無二の映画祭になると思います」と期待を寄せた。そのほか会見には駐日フランス大使のローラン・ピック、映画祭を主催するユニフランス・フィルムズ・インターナショナルの代表であるイザベル・ジョルダーノ、横浜市の市長・林文子、特別協賛に名を連ねる日産自動車の専務執行役員・川口均氏が出席した。

フランス映画祭2018は、6月21日から24日まで神奈川・横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいほかにて開催。関連イベントとして、現存する世界最古の映画制作会社ゴーモンにスポットを当てた展覧会や特集上映、写真家ジャン=バティスト・レメシエールが俳優たちのさまざまな表情を捉えた「“フランスの才能”写真展」も行われる。

※アニエス・ヴァルダの来日は健康上の理由によりキャンセルとなりました

フランス映画祭2018

2018年6月21日(木)~24日(日)神奈川県 横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいほか
<上映作品>
「セラヴィ!」※オープニング
「顔たち、ところどころ」
「子どもが教えてくれたこと」
「Double Lover」
「See You Up There」
「Redoubtable」
「La Douleur」
「REVENGE リベンジ」
「Custody(英題)」
「とてもいじわるなキツネと仲間たち」
マルヴィン、あるいは素晴らしい教育
ブラッディ・ミルク

映画ナタリーをフォロー