映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

フランス映画祭が13年ぶりに横浜で開幕、常盤貴子がナタリー・バイらを歓迎

195

左から常盤貴子、ナタリー・バイ。

左から常盤貴子、ナタリー・バイ。

フランス映画祭2018のオープニングセレモニーが、本日6月21日に神奈川・横浜みなとみらいホールで行われた。

2005年以来13年ぶりの横浜での開催となったフランス映画祭。会場エントランスのレッドカーペットに登場したフェスティバル・ミューズの常盤貴子が、日本を訪れた18人のゲストを着物姿で歓迎した。

セレモニーの冒頭には、ユニフランスの会長セルジュ・トゥビアナ、代表イザベル・ジョルダーノが登壇。ジョルダーノは「今晩私たちと皆さんを結び付けているのは、目に見えない映画への愛情です。日仏の友情を深めるこの4日間、皆さんを旅へといざないます」、トゥビアナは「世界中の方々にフランスの映画を紹介することが私たちの仕事です。今年横浜に来ることができたことを誇りに思います。フランス映画万歳、日本映画万歳!」と挨拶する。

横浜出身の常盤は「ふるさとの横浜にフランス映画祭が帰ってきたタイミングでフェスティバル・ミューズに選んでいただいたことを光栄に思います。皆さんのフランス映画に対する情熱をここ横浜で受け取って、このイベントを盛り上げていきます」と宣言。ここで団長のナタリー・バイら映画祭の代表団が登壇。バイは「たくさんの感動をこのイベントで感じてください。いろいろな映画が用意されています。ぜひお楽しみください」と呼びかけた。

セレモニーには、「万引き家族」で第71回カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞した是枝裕和も登場。「僕自身、フランス映画に育てられたと思っています。作り手になってからは映画祭に呼んでいただき、フランスの映画人やファンの方たちに育てられてきました。今この壇上にいる方たちも、日本のお客さんとの出会いによって次の映画と向かい合うエネルギーを得られると思います。この映画祭がそんな貴重な機会になることを願っています」と祝いの言葉を贈った。

最後に、バイと常盤が映画祭の開幕宣言をすることに。バイがフランス語で宣言したあと通訳が日本語に訳すと、常盤は困惑。「あの、同じ内容になってしまいます(笑)。アハハハハ!」と笑い飛ばしたあと「フランス映画祭2018、本日横浜にて開催いたします」と仕切り直した。

イベントには、ピアニストのジャン=ミシェル・ベルナールも登場。さまざまな映画音楽を演奏したあと、シンガーソングライターの畠山美由紀をステージに呼び込み、「浜辺の歌」をともに披露した。

フランス映画祭2018は6月24日まで横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらいほかで開催。

映画ナタリーをフォロー