映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ビートたけしの東スポ映画大賞に長澤まさみら登壇、話題賞・香取慎吾「次は映画で!」

1294

第27回東京スポーツ映画大賞の授賞式の様子。

第27回東京スポーツ映画大賞の授賞式の様子。

第27回東京スポーツ映画大賞の授賞式が2月25日に東京・グランドプリンスホテル高輪で開催された。

東京スポーツ映画大賞は、全国各地の映画祭でのノミネート審査を経て、審査委員長のビートたけしが各賞を決定する賞。たけしは開会の挨拶を求められると「はあー」とため息をつき、気だるげに登壇した。助演男優賞の受賞者であり、去る2月21日に急性心不全で死去した大杉漣をしのびつつ、「やっぱり映画というものは、みんなが1つの作品に向かって協力するもの」と訴える。そして映画監督・北野武を敬愛するマーティン・マクドナーがメガホンを取った「スリー・ビルボード」を「あの映画は全部『アウトレイジ』のパクリですから!」と言い切るなど、いつもの毒舌を全開にして会場を笑いで包んだ。

「ラ・ラ・ランド」が受賞した外国作品賞の発表に続き、今回最多受賞となった「アウトレイジ 最終章」の作品賞表彰に。たけしは賞状とトロフィーを手にして「俺が映画賞をやって自分の作品も表彰して……」とぼやくと、司会のガダルカナル・タカから「この映画賞ではお決まりのパターンですよ」と冷静なツッコミが入った。そして「一度区切りを付けたいと思って最終章を作ったんだけど、役者さんがみんなすごくてね。映画って半分以上は役者さんのおかげだなと思う。こっちに演出させてくれないくらいの迫力があって。『どうぞ』って言ったら思った通りやってくれる」と同作に参加したキャストたちを褒め称える。

「アウトレイジ 最終章」からは、主演男優賞の西田敏行塩見三省、助演男優賞の大森南朋ピエール瀧松重豊金田時男も登壇。たけしから映画賞を授けられることへの喜びや大杉へのメッセージなど、各々が思いを口にした。

助演女優賞は「三度目の殺人」で親子を演じた斉藤由貴広瀬すずへ。授賞式には映画の撮影で欠席となった斉藤に代わり、監督の是枝裕和が出席した。「海街diary」「怒り」に続き3回目の受賞を果たし、同映画賞の“常連女優”となった広瀬は、たけしの「是枝さんに口説かれたことある?」というちょっかいにも動揺を見せず「少しでも作品の力になれるようにこれからもがんばります」と宣言。「散歩する侵略者」で主演女優賞を獲得した長澤まさみも「海街diary」に続く2回目の受賞となり、タカから「常連になりつつあることに恐怖を感じてませんか?」と指摘が。たけしから「長澤さんって最初はアイドルっぽかったよね? 今は演技を評価されてるけど」と単刀直入に問われると、長澤は「まだまだだなと思う反面、やらなくちゃ!という思いでやって来ました。とにかく過去を振り返らず、前進し続けていきたいです」と真摯に答えた。

また続けて行われた第18回ビートたけしのエンターテインメント賞の授賞式では、話題賞に稲垣吾郎香取慎吾草なぎ剛が選ばれ、3人を代表して香取が登壇。2017年にSMAPが解散したあと、公式ファンサイト「新しい地図」を立ち上げた3人は、4月6日公開作「クソ野郎と美しき世界」にそろって出演する。香取は「まさか自分がこのステージに立つ日が来るとは。東スポさんにはすごくお世話になって……何度も一面を飾らせていただいて……」と自身の“引退説”にまつわる騒動などにチクリと触れながら、「次回は映画大賞に参加したいです! きっとほかの映画賞では何ももらえないけど、ここだったら(笑)。話題賞はもらわないようにします!」と次々と本音を口にして会場を盛り上げた。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀

※関連記事はこちらから
たけしの東スポ映画大賞に松重豊ら「アウトレイジ」キャスト参加、大杉漣をしのぶ

第27回東京スポーツ映画大賞

作品賞

アウトレイジ 最終章

監督賞

北野武「アウトレイジ 最終章」

主演男優賞

西田敏行塩見三省「アウトレイジ 最終章」

主演女優賞

長澤まさみ散歩する侵略者

助演男優賞

大杉漣大森南朋ピエール瀧松重豊金田時男「アウトレイジ 最終章」

助演女優賞

広瀬すず斉藤由貴三度目の殺人

新人賞

金田時男「アウトレイジ 最終章」

外国作品賞

「ラ・ラ・ランド」

映画ナタリーをフォロー