映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「羊の木」錦戸亮、新生活するなら「左官屋さんに!」松田龍平は運送業がしっくり

1132

「羊の木」初日舞台挨拶の様子。

「羊の木」初日舞台挨拶の様子。

本日2月3日、「羊の木」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、キャストの錦戸亮木村文乃北村一輝優香市川実日子水澤紳吾田中泯松田龍平、監督の吉田大八が登壇した。

錦戸は「全国に届いているんですよね?」と生中継用のカメラに笑顔で手を振り、松田はしんみりした雰囲気の客席を見渡して「わーっ!と言える映画じゃないですもんね?」とぽつり。吉田は「これまでの作品に比べて、取材で俳優に関する質問が多かった。俳優が素晴らしい仕事をしてくれたおかげです」と晴れやかな表情で挨拶する。

続いて、MCから登壇者たちへ「誰も知らない町で新生活を始めるとしたら、どんな職業に就くか?」と質問が飛ぶと、錦戸は「職人技をYouTubeでひたすら見るのが大好き。僕は生まれ変わったら左官屋さんになりたいです! TOKIO兄さんを超えるくらいの職人技を磨きたい」と元気いっぱいに答える。松田は「運送業の制服がしっくりきた。でも方向音痴だからたどり着けるかわからなくて心配」と話し、木村は「今の事務所に拾われていなかったらずっと続けていたかも」とウェディング関連のアルバイト経験を明かした。

同じ質問に「私は動物に懐かれないので、牧場とかで大きい動物から攻めていきたい。馬や牛から攻めれば犬猫に愛されるかもしれない」と答えたのは水澤。そんな彼に錦戸は「僕らは愛してますからね」と冗談交じりに声をかけ、水澤から「本当ですか?」と弾けんばかりの笑顔を引き出したあと、「嘘です(笑)。……好きですよ!」と続ける。

イベント終盤には、映画の公開を祝して鏡開きが行われることに。鏡開きは初めてだという錦戸は、「今会議中です!」と共演者たちとタイミングを真剣に相談したあと、「せーの!」と勢いよく木槌を酒樽に打ち付ける。そして「朝イチで観たら、朝からすき焼きを食べているみたいな感覚になる映画。ふとした瞬間に思い出して少しずつ消化してください」とアピールして、舞台挨拶を締めくくった。

(c)2018『羊の木』製作委員会 (c)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

映画ナタリーをフォロー