映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「羊の木」錦戸亮が客席で映画鑑賞、新たな解釈増え監督に「飲みに行きましょう」

1004

「羊の木」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から木村文乃、錦戸亮、吉田大八。

「羊の木」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から木村文乃、錦戸亮、吉田大八。

本日2月13日、「羊の木」の大ヒット御礼舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、キャストの錦戸亮木村文乃、監督の吉田大八が登壇した。

最初に3人がステージに呼び込まれるが、錦戸だけ姿を見せない。観客がざわつく中、錦戸が客席で映画を鑑賞していたことが司会者によって明かされ、本人がその場で立ち上がると場内に歓声が上がる。客席を通ってステージに登場した錦戸は「こんなに大きなスクリーンで観たのは初めて。皆さん映画に集中されていたので、たぶん誰も気付いてなかったですね」と話した。

続いて、錦戸たちの前に米袋の山が運ばれてくる。錦戸は「これ爆発とかせえへんかな……」と心配そうな表情を見せるが、映画のロケ地・富山県から錦戸と木村へプレゼントされる80kg分の米ということが発表されると「やったー!」と大喜び。米が大好物という錦戸は「これ食べるの何日かかるんやろ。明太子とかと一緒に食べたいです」と笑顔を見せ、木村は「数日前に母親がすごくおいしい筋子を送ってきてくれたのでそれで食べたいです」と述べた。

次に、 原作マンガを手がけた山上たつひこといがらしみきお、それぞれから吉田へ手紙が届いていることが発表される。司会者が朗読し終わると、吉田は「うれしいですね。お二人のマンガは小中学校のときに熱狂的に読んでいたし、間違いなく影響を受けています。この仕事を始めるときも、お二人に関われるというのが大きな動機でしたから。温かい言葉をいただいてまだ受け止めきれないでいます」と感無量の様子を見せた。

錦戸は吉田に「今日観てて僕なりの解釈がまた1つ増えたなと思います。とりあえず飲みに行きましょう。今回(監督と)ご一緒できてよかったとつくづく思いますね」と話す。木村は「私は役柄的にも監督と打ち解ける感じじゃなかったし、自分から話しかけることも少なかったんですけど、現場の居心地がよくて。あと取材でご一緒するたびに温かいお人柄も知れて、監督として好きだなあと思いました」と述懐し、「次に新しいご縁もできるようにがんばらないとなって気持ちが引き締まりましたね」と語った。

最後に錦戸は「私事なんですが、前回映画に出たのがちょうど4年前です。今、平昌オリンピックで盛り上がってますけど、僕も冬季限定な理由はないですし、4年後と言わず、もっともっと鍛錬し精進して皆さんに素敵な映画を届けられるようにがんばりたいと思います」と抱負を述べ、イベントの幕を引いた。

(c)2018『羊の木』製作委員会 (c)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

映画ナタリーをフォロー