映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

錦戸亮が流暢な英語で「羊の木」アピール、演技の“先生”はジェイク・ギレンホール

1409

英語でスピーチを披露した錦戸亮。

英語でスピーチを披露した錦戸亮。

羊の木」の記者会見が、本日1月31日に東京・日本外国特派員協会にて行われ、主演の錦戸亮と監督の吉田大八が登壇した。

「羊の木」は山上たつひこが原作、いがらしみきおが作画を担当した同名マンガをもとにするサスペンス。国家の極秘プロジェクトのもと、過去に殺人を犯した移住者たちを受け入れた港町・魚深市で起こる事件が描かれる。

主人公の市役所職員・月末一を演じた錦戸は、はじめに英語で挨拶。「自分のコミュニティにまったくわからない人が入ってきたら……とこの映画を通して考えさせられました。エンタテインメントでありながら社会派の作品。過疎化や移民についても考えるきっかけになればと思います」と通訳なしで本作に込められたメッセージを伝えた。

「日本でアイドルグループとして活動している」と紹介された錦戸に対し、質問者からは「見事に存在感を消していて、説得力があった。役作りはどうしたんですか?」と賞賛の声が上がる。錦戸は「普段はきらびやかなステージでキャーキャー言われることもあるけれど、唯一1人で仕事する場所がお芝居。そこに関しては自分のアイドル的なところは一切出す必要はないと昔から思っていた」と俳優業に臨むうえでの考えを述べ、「僕らも家に帰ったら普通です。飯も食わずにテレビ観てるときもある(笑)。皆さんそれぞれフラットなときがあるじゃないですか。それを意識したので、そう見えたなら正解かな」と手応えを口にした。

そんな錦戸に対し、吉田は「普通の青年を演じていながら視線を引き付ける力が昔からある。だからこの役に必要な俳優だと思って今回声をかけました」とオファーの理由を明かす。また一見スリラー要素が強いが、コメディや恋愛などさまざまな要素が織り込まれている本作について、「僕はものすごく欲張りなので1本の映画でできるだけ多くの感情を表現したい」とコメント。恋愛要素や結婚観にフォーカスした質問が錦戸にぶつけられる場面もあり、錦戸は「僕は今33歳なんですけど、いずれ惹かれる人がいれば(結婚は)1つの選択肢ではあると思う。今はまったく考えられませんが……夢みたいな感じですね」と打ち明けた。

さらに錦戸に向け、演技するうえで参考にしている海外俳優や今後の方向性に関する質問も。錦戸は「好きな映画を何回も観るので、普段観ている映画に出ている人が“先生”になっている」として、ジェイク・ギレンホール、ラッセル・クロウ、デンゼル・ワシントンの名前を挙げる。そして「いつかハリウッドから話があるんだったら挑戦してみたい」と真剣な表情を見せるも、「冒頭のスピーチだけで死ぬほど緊張していたんですよ」と苦笑。「語学力も大事でしょうけど、まずは語学力抜きで『使いたい』と言われる俳優に日本でなりたいです」と強い意志をうかがわせた。

「羊の木」は2月3日より全国にてロードショー。

(c)2018『羊の木』製作委員会 (c)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

映画ナタリーをフォロー