映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

マッツ・ミケルセンやポール・ダノ出演の日本初公開作も、北欧映画の特集上映

540

「プラハ」(Photo by Alzbeta Jungrova)

「プラハ」(Photo by Alzbeta Jungrova)

北欧映画の特集上映「トーキョーノーザンライツフェスティバル2018」が、2月10日から16日にかけて東京・ユーロスペースで行われる。

日本未公開作を含む北欧映画を紹介する本特集。マッツ・ミケルセン主演のデンマーク映画「プラハ」、アイスランドのアカデミー賞にあたるEDDA賞で監督賞などを受賞したポール・ダノ主演作「グッド・ハート」、デンマークのティーンたちの日常をスピーディな映像で表現していく「チーム・ハリケーン」、フィンランドの同名画家の半生を描く「トム・オブ・フィンランド」といった作品がスクリーンにかけられる。

日本との外交関係樹立150周年を迎えるスウェーデンにフォーカスを当てる特集では、ラッセ・ハルストレムによるドキュメンタリー「アバ・ザ・ムービー」など新旧バリエーション豊富な作品がラインナップに。フィンランドの監督アキ・カウリスマキの兄ミカ・カウリスマキが監督を務めた日本劇場未公開作「ゾンビ&ザ・ゴースト・トレイン」「ティグレロ 撮られなかった映画」も初披露される。さらに1968年夏のスウェーデンやデンマークなどヨーロッパを舞台にした「さらば夏の光」の上映では、監督の吉田喜重と主演の岡田茉莉子によるトークショーも。そのほかの作品でも今泉力哉相澤虎之助田亀源五郎といったゲストによるトークショーが企画されている。

現在ユーロスペース公式サイトにて、各作品50席限定でチケットの特別先行販売を実施中。販売期間は1月18日23時59分まで。以降は、上映3日前よりユーロスペース公式サイトおよび劇場窓口にて購入可能となる。詳細は「トーキョーノーザンライツフェスティバル2018」公式サイトで確認を。

トーキョーノーザンライツフェスティバル2018

2018年2月10日(土)~16日(金)東京都 ユーロスペース
特別先行販売:1300円
当日料金:一般 1500円 / 学生、シニア、会員 1200円
<上映作品>
「チーム・ハリケーン」
「トム・オブ・フィンランド」
「プラハ」
「グッド・ハート」
「アバ・ザ・ムービー」
「ゾンビ&ザ・ゴースト・トレイン」
「ティグレロ 撮られなかった映画」
「さらば夏の光」ほか

映画ナタリーをフォロー