ゲイアートの先駆者トム・オブ・フィンランドの半生描く伝記映画が公開決定

592

ゲイアートの先駆者として知られる画家トム・オブ・フィンランドことトウコ・ラークソネンの半生を描いた伝記映画「トム・オブ・フィンランド」が、8月2日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

「トム・オブ・フィンランド」

「トム・オブ・フィンランド」

大きなサイズで見る(全2件)

レザージャケットに身を包んだ筋骨隆々な男子たちのドローイングで知られるトム・オブ・フィンランド。クイーンのフレディ・マーキュリーをはじめ、芸術家のアンディ・ウォーホルやデイヴィッド・ホックニー、ファッションデザイナーのジャン=ポール・ゴルチエやトム・フォード、写真家のロバート・メイプルソープ、「弟の夫」で知られる田亀源五郎といった数多のアーティストに影響を与えている。

「トム・オブ・フィンランド」

「トム・オブ・フィンランド」[拡大]

映画は同性愛が厳しく罰せられた第2次世界大戦後のフィンランドを舞台に、画家志望の帰還兵トウコが自らの想像力を解放させることを願い、身内にも隠れて作品を生み出し続ける姿を描く。「ファブリックの女王」のペッカ・ストラングがトム / トウコを演じたほか、ジェシカ・グラボウスキー、ラウリ・ティルカネンがキャストに名を連ねた。

監督は、小説家J・R・R・トールキンの半生を描いた「トールキン(原題)」の公開を夏に控えるドメ・カルコスキ。「トム・オブ・フィンランド」は第90回アカデミー賞の外国語映画賞でフィンランド代表作品に選出され、第40回ヨーテボリ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞受賞を受賞している。日本国内では「トーキョーノーザンライツフェスティバル2018」にて上映された。

この記事の画像(全2件)

関連記事

ペッカ・ストラングのほかの記事

リンク

(c)Helsinki-filmi Oy, 2017

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 トム・オブ・フィンランド / ペッカ・ストラング / ドメ・カルコスキ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。