坂口健太郎が「ナラタージュ」に出演、松本潤、有村架純と三角関係に

1607

松本潤有村架純が共演する「ナラタージュ」に坂口健太郎が出演することがわかった。

坂口健太郎

坂口健太郎

大きなサイズで見る(全3件)

「ナラタージュ」(島本理生著/角川文庫刊)

「ナラタージュ」(島本理生著/角川文庫刊)

本作は、2006年版「この恋愛小説がすごい!」で1位を獲得した島本理生の同名小説を「ピンクとグレー」の行定勲が映画化したラブストーリー。高校教師と生徒として出会った2人が、時を経て再会し、禁断の恋に落ちていくさまを映し出す。生徒思いの教師で演劇部顧問の主人公・葉山貴司を松本、かつて葉山に演劇部に誘われ、孤独な高校生活から救われた20歳の大学生・工藤泉を有村が演じる。

本作で坂口が演じるのは、一度は泉の恋人になる大学生・小野怜二。葉山を忘れられない彼女への思いを募らせ、嫉妬に揺れる青年という役どころだ。坂口は小野について「繊細な男の子で、どこか壊れてしまいそうな、少しづつ歪んでいく感情を表現する事が難しそうな役だと感じました」とコメント。行定は「普段はポーカーフェイスの彼が突然、笑み破顔する顔は誰もが心を奪われ小野の役にぴったりだと思った」と坂口の起用理由を明かし、「未来が楽しみな俳優に出会えました」と絶賛している。

「ナラタージュ」は10月より全国で公開される。

※記事初出時、役名に誤りがありました。お詫びして訂正します。

坂口健太郎 コメント

初めて本を読ませていただいた時、小野君は繊細な男の子で、どこか壊れてしまいそうな、少しづつ歪んでいく感情を表現する事が難しそうな役だと感じました。
切なく、悲しい気持ちに感情移入してみてくださる方もいるかと思います。
楽しみにしていてください。

行定勲 コメント

普段はポーカーフェイスの彼が突然、笑み破顔する顔は誰もが心を奪われ小野の役にぴったりだと思った。
恋に溺れ歪んでいく難しい役をさり気なく見事に演じてもらいました。
ある意味、敵役のような存在ながら恋に苦悩する彼の表情に切なさが何度もこみ上げる瞬間がありました。
未来が楽しみな俳優に出会えました。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

坂口健太郎のほかの記事

関連商品