映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

行定勲が「百日告別」監督トム・リンと共作を約束、「お互いの脚本を取り替える」

351

「百日告別」イベントの様子。左から行定勲、トム・リン。

「百日告別」イベントの様子。左から行定勲、トム・リン。

台湾映画「百日告別」の監督トム・リンが来日し、2月6日に東京・台北駐日経済文化代表処台湾文化センターでトークショーを行った。

トム・リンの実体験をベースにした本作は、同じ交通事故で妻を失った男性ユーウェイと婚約者を亡くした女性シンミンの喪失と再生を描いたヒューマンドラマ。ユーウェイを台湾のバンドMaydayのギタリスト・ストーン(石頭)、シンミンを「ティラミス」のカリーナ・ラムが演じる。

トム・リンは日本公開について「本当にうれしい。この作品を理解できるのは台湾以外だと日本しかないと思っていた」と喜びのコメント。2012年に妻を失ったトム・リンは「台湾の観客から手紙をたくさんもらった。その中には、僕と同じような境遇の方も多かった。その方々にある種の力を与えられたことはとてもよかったし、それは僕の励ましにもなりました」と述懐する。

ストーンとの仕事についてトム・リンは「現場ではあまり演技の指導はしなかった。クランクイン前に多くの時間を使って役柄について話せたし、僕自身の経験もしっかりと伝えることができた。だから撮影中は彼に対して言うべきことはほとんどなかった」と振り返る。MCから本作で本格的に女優復帰したカリーナ・ラムにどのようにオファーしたのか聞かれたトム・リンは「ウディ・アレンが初めて仕事をする俳優を口説くときに、直筆の手紙を送っていると聞いて、僕も真似してみました。そうしたらカリーナから返答があり、一緒に仕事ができました」と裏話を披露した。

イベントにはサプライズゲストとして監督作「ナラタージュ」が10月に公開される行定勲が登壇。行定はトム・リンとの出会いについて「釜山国際映画祭で初めて会ったんですが、『イサオ・ユキサダだ』と紹介されたときは気のない返答が戻ってきたんです。まあ知名度的にこんなものだよなと思っていたのですが、一緒にいた人が僕の名前を中国語で言ってくれたら全然態度が変わって」と笑いながら当時のエピソードを語る。

トム・リンの長編デビュー作「九月に降る風」が大好きだという行定は「台湾の今までにない顔がそこに切り取られていて、すごい才能がここから芽吹いていくような印象を受けた」と同作を称賛。「僕の映画も人の死を描いたものが多いのですが、それは子供の頃に死別した友達の存在が大きい。残された側として、人生が続いているという思いが僕の中にある」と自作について言及した行定は、同じく人の死が描かれた「百日告別」について「この作品には心が掻き乱された。死のあとに経験する性もしっかりと描かれていて嘘がない」と力強く語った。

中国を舞台にした監督作「真夜中の五分前」について行定は「本当は台湾で撮る予定だったんですが、出資した人が上海に住んでいたので中国になりました」と明かす。続けて「台湾が好きで、台湾を舞台にした台本も書いたことがある。お互いの脚本を取り替えて作品を作らない? トム・リンが書いた脚本を僕が監督して、僕が書いた脚本をトム・リンが撮る。やる?」と行定が尋ねるとトム・リンは首を激しく縦に振った。

「百日告別」は、2月25日より東京・ユーロスペースほかにてロードショー。

(c)2015 Atom Cinema Taipei Postproduction Corp. B'in Music International Lt d. All Rights Reserved

映画ナタリーをフォロー