映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「君の名は。」興収200億突破、邦画歴代2位に!1月にIMAX上映も決定

338

「君の名は。」ビジュアル (c)2016「君の名は。」製作委員会

「君の名は。」ビジュアル (c)2016「君の名は。」製作委員会

新海誠の監督作「君の名は。」が、興行収入200億円を突破した。

神木隆之介上白石萌音が声優を務め、RADWIMPSが音楽を担当した本作。2016年8月26日に封切られ、週末動員ランキング首位を12度獲得。12月2日には中国で公開され、週末興行ランキング1位を獲得した。

公開102日目にあたる12月5日までに、日本で観客動員1539万1716人、興行収入200億618万8400円を達成。邦画の歴代興収ランキングでは、308億円の記録を持つ「千と千尋の神隠し」に次ぐ第2位となった。また第3位は「ハウルの動く城」であり、神木はトップ3すべての作品に参加していることに。なお本作は、洋画をあわせると「千と千尋の神隠し」「タイタニック」「アナと雪の女王」「ハリー・ポッターと賢者の石」を追う形で第5位にランクインしている。

このたび新海からコメントが到着。「観ていただいた方すべてにお礼申し上げます。映画には、時には社会とつながる力があるのだということを教えられました。『どのような物語を、今、なぜ作るのか』ということを、これからも観客の皆さんと共に考えていきたいと思います」とメッセージを寄せた。

さらに1月13日から2週間限定で、本作のIMAX上映が決定。詳細は追って発表されるので、ファンは続報を楽しみに待とう。

 

映画ナタリーをフォロー