日刊スポーツ映画大賞「64-ロクヨン-」が作品賞に、新海誠や宮沢りえも受賞

239

第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の受賞結果が発表された。

「君の名は。」ビジュアル (c)2016「君の名は。」製作委員会

「君の名は。」ビジュアル (c)2016「君の名は。」製作委員会

大きなサイズで見る(全6件)

「64-ロクヨン- 前編」通常版DVDのジャケット。(c)2016 映画「64」製作委員会

「64-ロクヨン- 前編」通常版DVDのジャケット。(c)2016 映画「64」製作委員会[拡大]

作品賞には、瀬々敬久監督作「64-ロクヨン-」が輝いた。同作は、昭和64年に起きた未解決の誘拐殺人事件“ロクヨン”を巡り、警察内部の対立に翻弄される県警広報官・三上義信の葛藤を2部作で描いた人間ドラマ。三上役の佐藤浩市は主演男優賞に選ばれている。

「湯を沸かすほどの熱い愛」ポスタービジュアル (c)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

「湯を沸かすほどの熱い愛」ポスタービジュアル (c)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会[拡大]

また興行収入200億円を突破した「君の名は。」の新海誠が監督賞を、「湯を沸かすほどの熱い愛」の宮沢りえが主演女優賞を獲得。「怒り」に出演した妻夫木聡宮崎あおいが助演男優賞、助演女優賞をそれぞれ授かった。新人賞は、「何者」「アイアムアヒーロー」「夏美のホタル」「僕だけがいない街」と出演作が立て続けに公開された有村架純が手にした。

日刊スポーツ新聞社が主催する同賞の授賞式は、石原プロモーション全面協力のもと、1987年に逝去した石原裕次郎の誕生日である12月28日に毎年開催。前年の受賞者がプレゼンターを務める。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 受賞結果

作品賞

「64-ロクヨン-」

監督賞

新海誠(「君の名は。」)

主演男優賞

佐藤浩市(「64-ロクヨン-」)

主演女優賞

宮沢りえ(「湯を沸かすほどの熱い愛」)

助演男優賞

妻夫木聡(「怒り」「ミュージアム」「家族はつらいよ」「殿、利息でござる!」)

助演女優賞

宮崎あおい(「怒り」「バースデーカード」)

新人賞

有村架純(「何者」「アイアムアヒーロー」「夏美のホタル」「僕だけがいない街」)

外国作品賞

スポットライト 世紀のスクープ

石原裕次郎賞

さらば あぶない刑事

石原裕次郎新人賞

該当者なし

この記事の画像(全6件)

関連記事

瀬々敬久のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 64-ロクヨン- 前編 / 64-ロクヨン- 後編 / ミュージアム / 家族はつらいよ / バースデーカード / 夏美のホタル / 僕だけがいない街 / スポットライト 世紀のスクープ / さらば あぶない刑事 / 湯を沸かすほどの熱い愛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。