映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

第29回東京国際映画祭、グランプリはホロコースト問題扱うドイツ映画

78

第29回東京国際映画祭クロージングセレモニーの様子。

第29回東京国際映画祭クロージングセレモニーの様子。

第29回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが、本日11月3日に東京・EX THEATER ROPPONGIにて開催され、各部門の受賞結果が発表された。

10月25日に開幕した同映画祭は、10日間で6万589人の劇場動員数を記録。206本の作品を上映した。

コンペティション部門の東京グランプリに輝いたのは、ドイツ人監督クリス・クラウスの「ブルーム・オヴ・イエスタディ」。ホロコーストという題材を、ユーモアや恋愛要素を交えて描くヒューマンドラマだ。審査委員長のジャン=ジャック・ベネックスからトロフィーを贈呈されたクラウスは、「ベネックスと同じ舞台に立てるということが、非現実的な気分です。19歳、20歳の頃、彼の映画をずっと観ていたので夢が叶ったようです。この映画を作るのは簡単なことではありませんでした。この賞によってドイツやフランス、そして日本でも本作が公開されることを期待します」と感動を語った。また同作はWOWOW視聴者から選ばれた選考委員によるWOWOW賞とのダブル受賞となった。

審査委員特別賞に選ばれたのは、スウェーデンで差別的扱いを受けていたサーミ族の少女を主人公とする「サーミ・ブラッド」。監督のアマンダ・ケンネルは、サーミ語で「ありがとう」と述べ、「映画祭はお互いの社会を知ることができる素晴らしいものだと感じました」とコメントする。また同作主演のレーネ=セシリア・スパルロクは、最優秀主演女優賞を受賞し「映画に一緒に出た妹(ミーア=エリーカ・スパルロク)、彼女がいなければここまでこれなかった」と明かした。

最優秀主演男優賞は、「ダイ・ビューティフル」でトランスジェンダーを演じたパオロ・バレステロスの手に。ドレスを着て急遽駆け付けたバレステロスがステージに上がると、客席から大歓声が。彼は涙で言葉を詰まらせながら、「最優秀主演女優賞を獲るんじゃないかと思っていました。監督のジュン(・ロブレス・ラナ)、私を信じてこの役を任せてくれてありがとう」とスピーチした。なお「ダイ・ビューティフル」は観客賞にも選ばれている。

そのほか最優秀監督賞は「私に構わないで」を手がけたクロアチア出身のハナ・ユシッチが受賞し、最優秀芸術貢献賞にはメイ・フォンの初監督作「ミスター・ノー・プロブレム」が輝いた。

最後にベネックスが、「グローバリゼーションとは普遍的なものが作られるという一面を見せることもあります。しかしコンペティション部門に出品された16作品には、普遍性ではなく人間の不安や孤独、人種差別、ペシミズム、正義感、互いに違いがあるということなどを見せつけられました。違いこそ人間の共有財産です」と全体の講評を述べた。

なお日本映画スプラッシュ部門には「プールサイドマン」が選出され、監督の渡辺紘文が「デビュー作からこの映画祭に出させていただいていて、僕のことを育ててくれたのは東京国際映画祭の皆様だと思っています!」と涙する一幕も。全受賞結果は下記に掲載している。

第29回東京国際映画祭 コンペティション部門

東京グランプリ / 東京都知事賞

「ブルーム・オヴ・イエスタディ」

審査委員特別賞

「サーミ・ブラッド」

最優秀監督賞

ハナ・ユシッチ(「私に構わないで」)

最優秀女優賞

レーネ=セシリア・スパルロク(「サーミ・ブラッド」)

最優秀男優賞

パオロ・バレステロス(「ダイ・ビューティフル」)

最優秀芸術貢献賞

「ミスター・ノー・プロブレム」

観客賞

「ダイ・ビューティフル」

WOWOW賞

「ブルーム・オヴ・イエスタディ」

第29回東京国際映画祭 アジアの未来部門

作品賞

「バードショット」

国際交流基金アジアセンター特別賞

アランクリター・シュリーワースタウ(「ブルカの中の口紅」)

第29回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門

作品賞

「プールサイドマン」

SAMURAI賞

マーティン・スコセッシ
黒沢清

ARIGATO賞

新海誠
高畑充希
妻夫木聡
ゴジラ

※ARIGATOのOはマクロンを付けたラテン文字が正式表記

第29回東京国際映画祭クロージングセレモニー
ARIGATO賞、SAMURAI賞の授賞式レポートはこちらから

(c)2016 TIFF

映画ナタリーをフォロー