映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

東京国際映画祭で日本映画の2大特集、細田守と岩井俊二の作品を振り返る

157

第29回東京国際映画祭が、10月25日から11月3日の期間に開催される。このたび、日本映画の2大特集の内容が決定した。

1つ目は、今年度のアニメーション特集として、「映画監督 細田守の世界」を展開する。「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」などで知られる細田守。2015年に発表した新作「バケモノの子」は同年公開の日本映画で興行収入第1位を記録し、世界約50カ国で公開された。本特集では、そんな細田の創作の軌跡をたどる。

そして2つ目は、今年度のJapan Now部門で「監督特集 岩井俊二」を開催。Japan Now部門は、現在の日本を代表する作品を映画祭独自の視点でセレクトするもの。今回は2016年に新作「リップヴァンウィンクルの花嫁」を発表した岩井俊二の過去作品を振り返る。

第29回東京国際映画祭

2016年10月25日(火)~11月3日(木・祝)東京都 六本木ヒルズ ほか

映画ナタリーをフォロー