映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「牙狼<GARO>」10周年イベントに桂正和、影山ヒロノブら集結、雨宮慶太「感無量」

44

「牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-」の様子。

「牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-」の様子。

「牙狼<GARO>」シリーズの10周年を祝うイベント「牙狼10周年記念 魔界ノ宴 -GARO FES.-」が2月11日、千葉・舞浜アンフィシアターにて行われ、シリーズの生みの親である総監督・雨宮慶太をはじめとするキャスト、スタッフが集結した。

イベントは、当日の朝描き上げたという雨宮によるドローイング映像から幕開け。続いてのオープニングアクションショーには、「牙狼〈GARO〉-GOLD STORM-翔」から栗山航南里美希井上正大松野井雅が出演し、ステージを上下に舞う激しい殺陣を披露。早替えやワイヤーアクションを交えたショーは熱気を持って迎えられた。

テレビアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」のトークステージでは、中山麻聖、大橋彩香、野村勝人、大関英里らキャスト陣がそれぞれ決めゼリフとともに舞台に登場し、会場を沸かせる。同作でキャラクターデザインを担当した桂正和も出席し「シルエットでわかる髪型と平安という舞台に合ったデザインを心掛けています。“ネオ平安”を意識して十二単も変形させたりするのが楽しかったです」と、自身が描いたデザイン画を見せながらこだわりを明かす。また5月公開の劇場版アニメーション「牙狼<GARO>-DIVINE FLAME-」で監督を務める林祐一郎が飛び入りでトークに参加し、特報映像を初公開した。

「牙狼<GARO> -魔戒ノ花-」からは、中山のほか、石橋菜津美、秋元才加が出演。オーディション時の裏話やファンには恒例となった秋元の筋肉話などが語られた。一方「絶狼<ZERO>」からは藤田玲松山メアリらが登場し撮影現場さながらのワイヤーを使ったアクションを上演。藤田は7mの高さからワイヤーを外し、下にいる敵を斬りつけるという緊迫したアクションに挑戦し、見事成功を収める。リハーサルよりも高く吊るされたと述べる藤田は「お客さんが見ているので気合が入った」と思いを明かす。

イベントでは藤田、中山、栗山によるクロストークも行われ、それぞれが印象に残るバトルシーンや撮影中のエピソードを語っていくことに。藤田は「ベストバトルといえば、うれしかったのがミニ雷牙との闘い。二刀流の扱いを後に雷牙が覚えることの伏線になっている。(中山)麻聖さんに剣の使い方を教えたのも思い出」と語り、中山は「松方弘樹さんとの対峙が印象に残っている。向こうは竹なのに殺気がすごくて、二度できる体験ではないかも」と撮影秘話を述べる。アクションシーンで気を付けていることを聞かれた栗山は「画角ですかね。とにかく画面に迫力を出すことが何よりも大事。剣を光らせる演出は本当に難しく、うまく光らないとアクション監督の横山さんにスター性がないと言われてしまう」と冗談交じりに漏らすと、藤田、中山も笑顔で同意する。

シリーズを通して魔導輪ザルバの声を務めてきた影山ヒロノブが所属し、同シリーズの主題歌を担当してきたJAM Projectによるライブステージも実施。圧巻のパフォーマンスを見せ、観客を沸かせた影山は「本イベントが今年のライブ始めでした。JAM Projectも15周年を迎え、僕たちにとっても10年間牙狼と一緒に成長できたことは何よりの糧となりました。ぜひ今後も成長を続ける映像に負けないような曲を作って応援していきたい」と熱弁した。

最終ステージではこの日集まったキャスト、スタッフが一同に集結。そんな中最後の挨拶のためマイクを握った雨宮は「言葉にならない、感無量です。何よりも作品を観てお客さんに喜んでもらえたり、感動してもらえることが一番うれしいです。これからも実写とアニメともども『牙狼』をよろしくお願いします」と感謝の意を述べた。

映画ナタリーをフォロー