映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「薄墨桜 -GARO-」追加キャスト8名発表、桂正和がムビチケ特典描き下ろし

62

劇場アニメ「薄墨桜 -GARO-」の追加キャストが発表。あわせて10月に公開されることがわかった。

本作では平安時代の京の都で、2人の陰陽師が出会うことからストーリーが展開していく。「牙狼<GARO> -紅蓮ノ月-」などに参加した中山麻聖が主人公・雷吼を演じ、「うしおととら」の西村聡がメガホンを取った。メインキャラクターデザインを担当したのは「電影少女」で知られるマンガ家・桂正和

このたび新たに8名の出演が明らかになった。星明役で朴ろ美、金時役で矢島晶子、藤原道長役で堀内賢雄、藤原保輔役で浪川大輔、藤原頼信役で野村勝人、稲荷役で鵜殿麻由が参加。中田譲治が天狐、関智一が梟師(たける)に声を当てる。

6月15日から東京・AREA-Qで展開されるスペシャルカフェ「牙狼<GARO> -魔戒ノ館-」では、ムビチケを先行販売。購入した分と同じ枚数、ティザービジュアルをあしらったB2サイズのポスターが付属する。また劇場では6月16日にムビチケが発売。購入特典は桂が描き下ろしたキャラクター色紙3種のうち1枚となっている。

「薄墨桜 -GARO-」は東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

※朴ろ美のろは王へんに路が正式表記

中山麻聖 コメント

テレビシリーズ「牙狼-紅蓮ノ月-」に引き続き、
今回公開が決定した劇場版アニメ「薄墨桜 -GARO-」に雷吼役で出演することになりました。
また皆さんにあの平安の世界で活躍する守りし者達の勇姿を見ていただけると思うととても嬉しいです。
劇中に登場する薄墨桜がとても明媚で、牙狼シリーズの世界観と相まって平安の世界にすーっと引き込まれていきました。
冴島雷牙と同じくらい大好きな雷吼、その活躍を是非劇場に観にきてください。

朴ろ美 コメント

「星明」として麻聖君演じる「雷吼」とまた会うことができて嬉しかったですし、リハVを見たときの絵の繊細なまでの美しさに「エロい……」と呟いてしまったほど、桂先生のキャラクターデザインが生き生きとしていました。
大人です……艶やかでもの哀しくて、これぞ「牙狼-紅蓮ノ月-」の集大成「薄墨桜 -GARO-」です。ご期待下さい!!

矢島晶子 コメント

金時は見た目子供ですが中身は大人。
でも完全な人物でないところが気に入っています。
雷吼に対する従者としての熱い思いが伝わるシーンもあり、是非皆様に観て頂きたい作品です!
楽しんで下さい♪

堀内賢雄 コメント

「牙狼-GARO- -炎の刻印-」に次いで、薄墨桜-GARO-に出演でき感激です。
今回は悪役です。素敵なストーリーの中でどれほど嫌らしく演じられるか。
役者冥利につきます。皆様お楽しみください。

浪川大輔 コメント

アニメGAROシリーズに再び参加することができ、とても光栄に思っております。
GAROシリーズは、スピード感も含め迫力満点です。
今回も熱い!! そして、おいしいところを頂きました!!
観ると熱く燃え滾ること間違いなし!!
是非是非楽しんでください!! よろしくお願い致します!!

野村勝人 コメント

源頼信は“人として”人を守り、人と共に歩む……雷吼達とは一線引かれた、しかし兄である雷吼と同じく強い志を持ったキャラクターです。
そんな頼信を再び演じられ本当に嬉しく思います!
カッコ良い魔戒騎士の姿にはもちろん注目して欲しいのですが、人だからこそ出来ることという点も見て頂けたら嬉しいです。
桜が舞い、キャラが舞う姿を存分にご堪能あれ!

鵜殿麻由 コメント

TVアニメ紅蓮の月の放送終了から約2年。
また、稲荷を演じられることが嬉しくて、お話を頂いた時は「やったー」とつい声が出てしまいました。
すんっと無表情だけど、中に秘めてる物は壮大で、お茶目な部分もある稲荷。
今回も大切に演じさせていただきました。
物語がどう展開していくのかワクワクしながら台本を読み、そして完成したものを見た時、ぶわっと心が満たされて興奮が収まらなかった!!
今年1番の素敵な光景がまってます!
皆様、お楽しみに待っていてください!

中田譲治 コメント

実写やアニメで人気と聞いていてキャラのビジュアル共々気になっていた作品に参加出来て嬉しかったですし、その熱量に圧倒されました。
薄墨桜の美しさおぞましさが素晴らしい映像に昇華され胸を打たれましたし、ストーリー、アクション、キャスト陣の芝居に惹きつけられさすが劇場版といった完成度でした。
後は私が足を引っ張っていない事を祈るばかりです。

関智一 コメント

今回、僕の牙狼<GARO>愛を、監督はじめ制作スタッフの皆さんに認めてもらい、梟師役で友情出演させていただきました!
これからも僕の牙狼<GARO>愛を押し売りしながら(笑)、劇団牙狼のメンバーとして、【牙狼<GARO>シリーズ】に出演し続けたいと思います!!
ぜひ皆さんも劇場で楽しんでくださいね。

(c)2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社

映画ナタリーをフォロー