映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「インサイド・ヘッド」がアニー賞最多10部門に輝く、高畑勲は功労賞を獲得

74

「インサイド・ヘッド」

「インサイド・ヘッド」

第43回アニー賞授賞式が、アメリカ・ロサンゼルスにて現地時間2月6日に開催され、ディズニー / ピクサーの「インサイド・ヘッド」が最多10部門を制した。

「インサイド・ヘッド」は11歳の少女ライリーの中に住むヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリという5つの感情たちが織りなす物語。同作は作品賞、脚本賞、音楽賞、美術賞などに加え、ピート・ドクターが監督賞、カナシミ役のフィリス・スミスが声優賞に輝くなど主要部門を次々と獲得。そのほか今年度より設立されたインディペンデント作品賞には、3月に日本公開を控える「父を探して」が選ばれた。なお同部門にノミネートされていた細田守の監督作「バケモノの子」と、スタジオジブリの「思い出のマーニー」は受賞には届かず。

またセレモニーでは、功労賞にあたるウィンザー・マッケイ賞が高畑勲に授与された。プレゼンターからは、日本語と英語の両方による「高畑先生は素晴らしいアニメの監督です」という言葉とともに、「キャラクターの人間性」「日本の文化と伝統」「自然環境」の描き方に対する賞賛が贈られた。高畑は授賞式には出席せず、スタジオジブリ海外事業部のジェフリー・ウェクスラーが代理でトロフィーを受け取った。

※記事初出時より受賞結果一覧を追記しました。

第43回アニー賞 主な受賞結果

作品賞

「インサイド・ヘッド」

監督賞

ピート・ドクター「インサイド・ヘッド」

声優賞

フィリス・スミス「インサイド・ヘッド」

音楽賞

マイケル・ジアッチーノ「インサイド・ヘッド」

美術賞

「インサイド・ヘッド」

脚本賞

「インサイド・ヘッド」

視覚効果賞(長編アニメーション)

「アーロと少年」

視覚効果賞(実写作品)

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」

キャラクターデザイン賞

「インサイド・ヘッド」

絵コンテ賞

「インサイド・ヘッド」

編集賞

「インサイド・ヘッド」

キャラクターアニメーション賞(長編アニメーション)

「インサイド・ヘッド」

キャラクターアニメーション賞(実写作品)

「レヴェナント:蘇えりし者」

インディペンデント作品賞

「父を探して」

短編アニメーション作品賞

「明日の世界」

一般向けテレビアニメ賞

「ザ・シンプソンズ」(エピソード「Halloween of Horror(原題)」)

子供向けテレビアニメ賞

「なんだかんだワンダー」(エピソード「The Breakfast(原題)」)

幼児向けテレビアニメ賞

「タンブルリーフ」(エピソード「Mirror(原題)」)

映画ナタリーをフォロー