映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

園子温、大絶賛のスペイン映画「マジカル・ガール」監督と対談

220

「マジカル・ガール」監督のカルロス・ベルムト(左)と、対談相手の園子温(右)。

「マジカル・ガール」監督のカルロス・ベルムト(左)と、対談相手の園子温(右)。

監督作「マジカル・ガール」のプロモーションのため1月に来日したカルロス・ベルムトが、「新宿スワン」「ラブ&ピース」の監督・園子温と対談していたことがわかった。

第62回サンセバスチャン国際映画祭にてグランプリと監督賞を獲得した「マジカル・ガール」は、ベルムトの劇場デビュー作。白血病で余命わずかな娘アリシアの「日本のアニメ『魔法少女ユキコ』のコスチュームを着たい」という願いを叶えるため、失業中の父親が思いがけない運命をたどっていくさまをブラックユーモアを交えて描く。

尊敬する映画監督に「ペドロ・アルモドバル、クエンティン・タランティーノ、園子温」と名を挙げるほど園のファンだというベルムトは、海外の映画祭でたびたび姿を見かけながらも、これまで話をする機会を持てずにいたという。本作を鑑賞した園は、ベルムトと対面するなり「GREAT! びっくりした!」と大絶賛。「スペインというと情熱的なものが多いが、この映画は冷たい感じもあって、すごく理性的。今まで観てきたスペイン映画とまったく違う。意外性の連続で、全然先が読めなかった。オリジナルな脚本も素晴らしかった!」と感想を述べ、さらに「皮肉の効いたタイトルも最高!」とも伝える。

憧れの監督から賛辞を贈られ、ベルムトは「夢のようだ」と大喜び。その後2人は、園が1990年代に主宰していたパフォーマンス集団・東京ガガガのことや、スペインのインディペンデント映画業界事情についてなどを互いに質問し合い、大盛り上がりの対談となった。なおこの対談の模様は、2月20日発売の映画秘宝4月号に掲載予定だ。

「マジカル・ガール」は、3月12日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次ロードショー。

映画ナタリーをフォロー