映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ガス・ヴァン・サント新作の邦題は「追憶の森」、マシュー・マコノヒー、渡辺謙ら出演

153

「追憶の森」

「追憶の森」

ガス・ヴァン・サントの監督最新作「The Sea of Trees」の邦題が「追憶の森」に決定した。

富士山の北西に広がる青木ヶ原の樹海を舞台にした本作は、自死するために森へ入ったアメリカ人男性アーサーが、出口を探してさまよう日本人男性タクミとの出会いによって、生きる目的を取り戻すさまをミステリータッチで描いた物語。

劇中では、アーサー役を「インターステラー」で知られるマシュー・マコノヒーが、タクミ役を「GODZILLA ゴジラ」の渡辺謙が演じ、物語の鍵を握るアーサーの妻ジョーン役は「21グラム」のナオミ・ワッツが務めている。本作は今年5月にカンヌ国際映画祭のコンペティション部門にて上映された。

「追憶の森」は、2016年のゴールデンウイークに公開。

(c)2015 Grand Experiment, LLC.

映画ナタリーをフォロー