映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

渡辺謙、李相日監督作「怒り」劇中カットで宮崎あおいとの父娘姿を披露

209

「怒り」

「怒り」

渡辺謙森山未來松山ケンイチ綾野剛宮崎あおい広瀬すず妻夫木聡らの共演作「怒り」の場面写真が解禁された。

「フラガール」「悪人」を手がけた李相日の監督最新作「怒り」は、吉田修一の同名小説を実写映画化したもの。ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちを中心に、彼らを取り巻く人々が、信用と疑惑の間で揺れる様子を千葉、東京、沖縄を舞台に描く。

千葉編では、娘の交際相手を信用できず苦悩する男・槙洋平役を渡辺が、洋平の娘・愛子役を宮崎が、愛子の恋人・田代哲也役を松山ケンイチが演じる。そのほか東京編では妻夫木と綾野、沖縄編では広瀬と森山、オーディションで選ばれた佐久本宝がそれぞれメインキャストとして出演。

解禁された場面写真には、険しい顔つきの洋平と目に涙を浮かべる愛子のツーショットや、漁港に佇む洋平の姿が切り取られている。

「怒り」は、9月より全国でロードショー。なお本日1月1日売りの読売新聞に、渡辺のインタビュー、李と吉田の対談記事が掲載されているので、関心のある人はチェックしてみよう。

(c)2016 映画「怒り」製作委員会

映画ナタリーをフォロー