映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジャ・ジャンクー「山河ノスタルジア」公開決定、過去から未来をたどる叙事詩

68

「長江哀歌」「罪の手ざわり」などで知られるジャ・ジャンクーの監督最新作「山河故人(原題)」が、「山河ノスタルジア」の邦題で公開される。

第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された本作は、1999年から2014年、そして2025年へと移りゆく時代とともに、決して変わることのない母と子の強い愛を紡ぎ出す叙事詩。ジャ・ジャンクー作品において初めて未来の様子が描かれており、チャオ・タオ、シルヴィア・チャンらがキャストに名を連ねた。またこのたび、本作のティザービジュアルが完成。黄河の岸辺にたたずむ1人の女と2人の男が空を見上げる姿を捉えたデザインとなっている。

「山河ノスタルジア」は2016年4月より東京のBunkamura ル・シネマほかにて全国順次公開。

映画ナタリーをフォロー