河瀬直美のラブコール受け秦基博が「あん」主題歌書き下ろし

8

5月30日に全国公開される「あん」の主題歌を、秦基博が書き下ろしたことが明らかになった。

「あん」ポスター (c)2015映画『あん』製作委員会/COMMEDESCINEMAS/TWENTYTWENTYVISION/ZDF-ARTE

「あん」ポスター (c)2015映画『あん』製作委員会/COMMEDESCINEMAS/TWENTYTWENTYVISION/ZDF-ARTE

大きなサイズで見る(全3件)

「あん」はドリアン助川の小説を原作とした、河瀬直美監督の最新作。樹木希林やその孫娘である内田伽羅永瀬正敏市原悦子浅田美代子水野美紀太賀兼松若人といったキャストが出演する、どら焼き屋を舞台にした人間ドラマだ。

秦が映画のために制作した新曲「水彩の月」は、河瀬の熱烈なラブコールを受けて作られた1曲。秦は河瀬が撮った映像を観た上で、街の景色の切り取り方や光の描き方にインスパイアされ、切なく優しいミディアムバラードを書き上げた。楽曲を聴いた河瀬は「映画で挑戦した『見えないもの』の描写を秦君の声とメロディで感じることのできる作品に仕上がった『水彩の月』は、多くの人の心に響くことになるだろうと思いました」とコメントしている。

なお秦は「水彩の月」を収録したシングルを6月3日にリリース。シングルの初回限定盤には、河瀬撮影による秦の特別映像を収めた特典DVDが付属するので楽しみにしておこう。

※記事初出日よりリリース日が変更になりました。

河瀬直美コメント

秦さんとの出会いは直感です。実際に完成した主題歌「水彩の月」を聴いて、実際に映画を観ていただいて、その直後の秦君の表情を見ていて、彼が多くのことを感じていることがわかりました。その瞳に映っているものは、わたしが表現しようとしていることだったからです。
誠実な彼の想い、それは主人公の千太郎とも重なって、こみ上げるものがありました。映画で挑戦した「見えないもの」の描写を秦君の声とメロディで感じることのできる作品に仕上がった「水彩の月」は多くの人の心に響くことになるだろうと思いました。

秦基博コメント

今回、河瀬監督からお話をいただき、「水彩の月」を書き下ろしました。映像を観させていただいたときに、河瀬監督の作品でいつも感じることなんですが、お話はもちろん、街の景色の切り取り方とか、光とか、その美しさがすごく印象的で、そこからインスパイアされて、自分の中でピアノの音色が似合うのではないかというイメージがパッと湧きまして、普段はアコースティックギターと共に歌うことが多いんですが、今回は“ピアノと歌”というものをメインにすえて、新しい秦 基博を届けられるのかな、と思っています。
映画「あん」にもきっとマッチする、その世界を一緒に共有できるような楽曲に仕上がったのではないかと思っています。
水彩で描いたような淡さだったり美しさ、その中で自分自身が込めた思い、そして映画が伝えようとしていることを、自分なりにすくい取って歌にしましたので、映画「あん」と共にこの楽曲も楽しみに待っていただけたら、と思います。

この記事の画像(全3件)

関連記事

河瀬直美のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 あん / 河瀬直美 / 秦基博 / 永瀬正敏 / 内田伽羅 / 樹木希林 / 市原悦子 / 浅田美代子 / 水野美紀 / 太賀 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。