映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

アンジェイ・ワイダ

アンジェイワイダ

国立映画大学演出科卒業後、助監督を経て、1954年に監督デビュー。「地下水道」(1956)でカンヌ映画祭審査員特別賞、「灰とダイヤモンド」(1958)でヴェネチア映画祭国際批評家連盟賞など多くの作品で賞を獲得。戦後母国の苦悩の歴史を描き続ける社会派巨匠。

(C) PIA

アンジェイ・ワイダのニュース

映画ナタリーをフォロー