カティンの森

カティンの森

カティンノモリ
KATYN

2009年12月5日(土)公開[R-15] / 上映時間:122分 / 製作:2007年(ポーランド) / 配給:アルバトロス・フィルム

解説 『灰とダイヤモンド』など幾多の名作で知られ、祖国ポーランドの悲劇的な歴史に翻弄されてきた人々を描き続ける巨匠アンジェイ・ワイダの入魂作。第二次世界大戦中にソ連軍の捕虜となった大勢のポーランド人将校が虐殺された“カティンの森“事件の真実に肉薄。将校たちがたどった悲痛な運命と、彼らの帰還を待ちわびる女性たちの姿を映し出す。

ストーリー 1939年、ソ連軍の捕虜となったポーランド人将校たちが軍用列車に乗せられ、東へと運ばれていった。そのひとり、アンジェイ大尉の妻アンナは、幼い娘ニカを守りながら辛抱強く夫の帰りを待つが、ソ連領のカティンでポーランド人将校の多数の遺体が発見され……。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:アンジェイ・ワイダ
音楽:クシシュトフ・ペンデレツキ

キャスト

アンナ:マヤ・オスタシェフスカ
アンジェイ:アルトゥル・ジミイェフスキ
ヴィクトリャ・ゴンシェフスカ
アンジェイの母:マヤ・コモロフスカ
ヴワディスワフ・コヴァルスキ
イェジ:アンジェイ・ヒラ
ルジャ:ダヌタ・ステンカ
大将:ヤン・エングレルト
アグニェシュカ・グリンスカ
マグダレナ・チェレツカ

カティンの森の画像