映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

高崎映画祭で「淵に立つ」など59本上映、アンジェイ・ワイダの追悼企画も

111

「淵に立つ」 (c)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

「淵に立つ」 (c)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

第31回高崎映画祭が、3月25日から4月9日にかけて群馬・高崎市文化館ほかで開催される。

今年は同映画祭で最優秀作品賞を受賞した深田晃司監督作「淵に立つ」を筆頭に、宮沢りえが最優秀主演女優賞に輝いた「湯を沸かすほどの熱い愛」、三浦友和に最優秀主演男優賞をもたらした「葛城事件」、のん片渕須直がホリゾント賞を獲得した「この世界の片隅に」など59本を上映。そのほか「監督たちの現在 ー進取果敢な人々ー」「高崎印 高崎FC協力作品集」と銘打った特集や2016年10月に死去した映画監督アンジェイ・ワイダの追悼上映、同映画祭恒例のバックステージツアー、緒方明と尾上克郎による特撮をテーマにした講義も行われる。

チケットはチケットぴあや上映劇場で販売中。なお授賞式が3月26日に群馬音楽センターにて開催される。

第31回高崎映画祭

2017年3月25日(土)~4月9日(日)群馬県 高崎市文化館、シネマテークたかさき、高崎シティギャラリー コアホール、高崎電気館、群馬音楽センター
前売り料金:1作品券 1100円 / 3作品券 3000円 / 全日フリーパス 1万2000円
当日料金:1作品券一般 1300円 / 1作品券シニア 1100円 / 3作品券 3500円 / 全日フリーパス 1万3500円
<上映作品>
「淵に立つ」
「この世界の片隅に」
「湯を沸かすほどの熱い愛」
ケンとカズ
団地
海よりもまだ深く
「葛城事件」
シン・ゴジラ
聖の青春
リップヴァンウィンクルの花嫁
エクス・マキナ
「スモーク」
14の夜
セーラー服と機関銃 -卒業-
灰とダイヤモンド
夜の終りに
地下水道」ほか

映画ナタリーをフォロー