ステージナタリー

ミュージカル「メリー・ポピンズ」日本初上陸!メリー役は濱田めぐみ×平原綾香

593

ミュージカル「メリー・ポピンズ」が、2018年3月に東京・東急シアターオーブ、5月に大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて上演される。

パメラ・トラバースの小説をもとに、ウォルト・ディズニーとキャメロン・マッキントッシュが製作した映画「メリー・ポピンズ」をミュージカル化した本作。ウエストエンド、ブロードウェイをはじめ、世界各国で上演が重ねられてきた人気作だ。

家庭教師・メリー・ポピンズとバンクス家の人々を主軸とした物語が描かれ、今回の日本初演版では、メリー・ポピンズ役を濱田めぐみ平原綾香がWキャストで演じる。またバート役には大貫勇輔柿澤勇人がキャスティング。このほか出演者には、駒田一山路和弘木村花代、三森千愛、島田歌穂、鈴木ほのか、コング桑田パパイヤ鈴木浦嶋りんこ久保田磨希小野田龍之介もう中学生らが名を連ねている。

出演決定にあたって濱田は「御覧になる皆様にとって、そして関わる皆様にとって大切な大切な出逢いになりますよう、誠心誠意全力で努めさせていただきます」と意気込み、平原は「まさか、傘で空を飛べる日がくるなんて、思ってもみませんでした」と喜びを語った。

濱田めぐみコメント

オーディション開始から合格までの道のりが、今まで受けてきた作品の中で1番時間を要し、大変な作品でした。
映画として全世界から愛され、各国で、舞台でも演じられているメリー・ポピンズ。
この作品が御覧になる皆様にとって、そして関わる皆様にとって大切な大切な出逢いになりますよう、誠心誠意全力で努めさせていただきます。よろしくお願いします。

平原綾香コメント

まさか、傘で空を飛べる日がくるなんて、思ってもみませんでした。
映画でメリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースさんとは、いろいろとご縁があり、以前は「サウンド・オブ・ミュージック」の歌とセリフの吹き替えを担当させていただいたことがあります。家庭教師役ともご縁があるみたいです。
映画版の、聡明なメリーのイメージが強かったのですが、ミュージカル版は、聡明さに“笑い”の要素も加わるので、すごく面白いミュージカルになりそうです!
ちなみに、メリー・ポピンズは宇宙人なんですって! 知りませんでした……。
そういうことなら、私も“Jupiter”なので、ある意味、ハマり役かもしれません。

大貫勇輔コメント

出演が決まった時はとにかく、本当に嬉しかったです。長い期間のオーディションを経て、このバートという役を演じることができ、とても興奮しています。
この作品は家族の愛や子どもの成長を、夢や希望、ユーモアで優しく明るく描いていて、観ていてあたたかい気持ちにさせてくれるミュージカルだと思います。
僕の舞台人生全てをかけるつもりで稽古も本番も臨みます。
そして、誰よりも楽しんでこのバートの役を演じ切りたいと思います!

柿澤勇人コメント

人生で初めてNYに降り立ったその日の夜に観た作品が「メリー・ポピンズ」でした。時差ボケを吹っ飛ばすほどのエネルギー、会場にいる老若男女みんなが笑顔で帰って行く光景に圧倒された、印象的な作品でした。
数年後の今、自分がまさか「メリー・ポピンズ」の煙突掃除夫役のバートで出演することになるとは想像も出来ませんでした。今の自分にとっては新たな挑戦の作品です。
子供から大人まで全ての人が幸せになる作品になると信じています。必死に汗を撒き散らして踊る柿澤を観に、そして心が満たされる作品を体験しに劇場までお越しください。
お待ちしております。

ミュージカル「メリー・ポピンズ」

2018年3月~
東京都 東急シアターオーブ

2018年5月~
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

キャスト

メリー・ポピンズ濱田めぐみ / 平原綾香
バート:大貫勇輔 / 柿澤勇人
ジョージ・バンクス:駒田一 / 山路和弘
ウィニフレッド・バンクス:木村花代 / 三森千愛
バードウーマン、ミス・アンドリュー:島田歌穂 / 鈴木ほのか
ブーム提督、頭取:コング桑田 / パパイヤ鈴木
ミセス・ブリル:浦嶋りんこ / 久保田磨希
ロバートソン・アイ:小野田龍之介 / もう中学生

五十嵐耕司、石川剛、大塚たかし、風間無限、工藤広夢、斎藤准一郎、高瀬育海、田極翼、丹宗立峰、照井裕隆、長澤風海、樋口祥久、三井聡、武藤寛 / 青山郁代、石井亜早実、エリアンナ、岡本華奈、工藤彩、熊澤沙穂、小島亜莉沙、高田実那(「高」ははしご高が正式表記)、中西彩加、般若愛実、藤咲みどり(五十音順)

ステージナタリーをフォロー