音楽ナタリー

木村カエラ独自レーベルは「ELA」ロックなコラボカバー盤

568

木村カエラがビクターエンタテインメント内に設立したプライベートレーベルの名称が「ELA」(エラ)に決定。第1弾作品として、木村カエラ初のコラボカバーアルバム「ROCK」が今秋リリースであることが明らかになった。

レーベル名「ELA」は、代表を務めるカエラ自身のアルファベット表記の名前「KAELA」にちなんで命名。スペル違いの「ERA」が持つ“時代”という意味も併せ持ち、彼女のデビュー記念日である6月23日より始動する。

コラボカバーアルバム「ROCK」は、カエラが影響と刺激を受けた1960年代、70年代、80年代の海外アーティストたちの楽曲を、好意を寄せる国内外のアーティストと共演してカバーするという内容。収録曲は10曲前後となる。スタッフと本人が打ち合わせを重ねている現段階では、カバー候補アーティストとしてTHE WHOやEURYTHMICSなど、共演相手としてChara石野卓球らの名前が挙がっており、6月23日に参加アーティスト第1弾発表がELAオフィシャルサイトにて行われる。その後同サイトで第2弾、第3弾発表も予定されている。

また、この作品ではファンとのコラボレーション企画としてTwitterのハッシュタグ「#rock_rq」にて「木村カエラにカバーしてほしい楽曲」を募集。採用された人は、アルバムのブックレットに“スペシャル・セレクター”としてTwitterアカウント名が掲載されるとのこと。こちらも6月23日に詳細が発表されるので、あさってを楽しみにしておこう。

木村カエラ コメント

2013年6月23日
私のプライベートレーベルがいよいよスタートします。

レーベル名は“ELA”です。
KAELAの“ELA”&“ERA=時代”という言葉から名付けました。

そして、ELA MUSIC 最初の作品は、
コラボカヴァーアルバムです。

この機会に、自分の好きな音を探す作業に入った私は、
60s 70s 80s の楽曲を聞いてるうちに、

自分のスタイルを確立し、貫くアーティストたちから
改めて刺激を受けました。
そのROCKな生き方、そして時代を作り上げた彼らの曲をカヴァーすることが、
はじまりの作品にふさわしいと感じました。
更に、今現在活躍されているアーティストの方たちとコラボをして、
このアルバムをつくり上げることが素晴らしいと思いました。

タイトルは“ROCK”
きっとすごい作品になります。

秋には完成するとおもいますので、
楽しみに待って頂けると、うれしいです。
よろしくお願いします。

木村カエラ

音楽ナタリーをフォロー