音楽ナタリー

小田和正「クリスマスの約束」に宇多田ヒカル初出演「お待たせしました」

7862

「クリスマスの約束 2016」の出演者たち。 (c)TBS

「クリスマスの約束 2016」の出演者たち。 (c)TBS

小田和正がホスト役を務めるライブ番組「クリスマスの約束 2016」が、12月23日(金・祝)深夜にTBS系で放送される。

12月16日にはこの番組の公開収録が東京・赤坂BLITZで行われ、小田のほか宇多田ヒカルJUJUスキマスイッチ、根本要(STARDUST REVUE)、松たか子、水野良樹(いきものがかり)、和田唱(TRICERATOPS)というそうそうたるメンバーが登場。4万通を超える応募の中から選ばれた500名の観覧客が、豪華なコラボレーションの数々を楽しんだ。

収録の冒頭、1人でステージに登場した小田は「とにかく楽しく。『(テレビに)映ったときどうしよう』とかそういうことはあまり考えないで(笑)」と観客に呼びかけ、場内の空気を和ませてからSMAPの「夜空ノムコウ」をグランドピアノの弾き語りで披露する。彼の温かさと力強さを兼ね備えたパフォーマンスに、場内からは大きな拍手が沸いた。続いて小田は和田唱と「My Love」をはじめとしたポール・マッカートニーの名曲メドレーを演奏。「去年、2人の演奏をもっと聴きたいという声をいただきました」と小田が語ると、和田は「ほんとうれしいです」と、1年ぶりの共演を大いに喜んでいた。

その後「18年前、鮮烈なデビューを飾ると同時にスーパースターになりました」という小田の紹介のあと、宇多田ヒカルがステージに現れると観客からは大きな驚きの声が上がる。動揺が収まらない客席の様子に、小田は「(コラボのときに)半分くらいは僕のほうを観てくれるんだけど、今日は全く観てくれない(笑)」と苦笑い。2001年の「クリスマスの約束」初回放送時に小田からのオファーを受けながらも出演が叶わなかった宇多田は「大変長いことお待たせしました」と挨拶し、2人で「Automatic」などの名曲を披露していった。

続いて登場した「小委員会バンド」は、2009年の放送で結成された小田和正、スキマスイッチ、根本要、水野良樹によるユニット。彼らは今年のそれぞれの活動を振り返るトークを挟みつつ、大瀧詠一の「君は天然色」などを演奏する。この曲は昨年の放送時に披露する予定だったものの、原曲がユニゾンのみで構成されているため小田が「楯突くわけにはいかない」と考えて一度は断念したとのこと。しかし「あえて挑戦してみよう」という意図のもと、全員の息の合ったハーモニーを交えたアレンジで披露され、観客は大きな拍手で彼らを讃えた。

その後は松たか子、JUJUが小田と和田の演奏をバックに華麗な歌声を届け、オーディエンスを魅了する。最後を飾ったのはボブ・ディランの「The Times They Are a-Changin’」。この曲について小田は「今年の『クリスマスの約束』をやるにあたって、この曲を最初に選びました」と紹介。出演者全員によるパワフルなパフォーマンスで、2016年の「クリスマスの約束」の収録を締めくくった。

TBS系「クリスマスの約束 2016」

2016年12月23日(金・祝)24:35~26:35
<出演者>
小田和正
ゲスト:宇多田ヒカル / JUJU / スキマスイッチ / 根本要(STARDUST REVUE) / 松たか子 / 水野良樹(いきものがかり) / 和田唱(TRICERATOPS)
バンドメンバー:木村万作(Dr, Per) / 栗尾直樹(Key) / 稲葉政裕(G) / 有賀啓雄(B)
ストリングス:金原千恵子(1st Violin) / 吉田翔平(2nd Violin) / 徳高真奈美(Viola) / 堀沢直己(Chelo)
ホーン:小林太(Tp)

音楽ナタリーをフォロー