音楽ナタリー

乃木坂46生駒里奈、主演映画の続編決定「1作目よりも怖い作品に」

576

生駒里奈

生駒里奈

乃木坂46の生駒里奈が主演した映画「コープスパーティー」の続編(タイトル未定)が製作されることが決定した。

これは本日1月7日に東京・アニメイト新宿にて行われた「コープスパーティー」のBlu-ray / DVD発売記念イベントにおいて発表されたもの。続編は第1作に続き生駒が主演を、山田雅史が監督を務め、今夏に公開される。また出演者には池岡亮介前田希美、JUN(BEE SHUFFLE)が名を連ねた。

囲み取材に応じた生駒は「自分の携わった作品でこうしてイベントができたり、続編ができることがうれしいです。いい作品に巡り合えたんだなと思います」と心境を明かす。第1作を観た周囲の人からは「生駒ちゃん、ちゃんと(演技が)できてたよ」と声をかけられたそうで「それを聞いただけで、ひと安心でした」と笑顔を浮かべた。

以前は怖いものが苦手だったが、「コープスパーティー」の撮影後には変化があったといい、生駒は「みんなが『怖い』と言うものが怖くなくなりました(笑)」と語る。次作に向けての意気込みを問われると、彼女は「次はもっともっと役を作り込んで、1作目よりも怖い作品にしたいと思います!」とコメントした。

また、報道陣からはお正月の過ごし方についての質問も。実家に帰ったという彼女は「帰ったら一歩も外に出なかったです。『ガキ使』とか、録画した番組を見たり」と照れ笑いを浮かべる。「寝正月だったんですか?」と問いかけられると「実家にはこたつと床暖房があるので、上からも下からもあったかい空気に包まれるんです。気付いたら寝ちゃいます。ちょっと太りました(笑)」と答えた。また、弟にはお年玉をあげたそうで「出世払いしないと。もう大人になったので、親孝行も積極的にしていきたいです」と家族思いの一面をみせていた。

映画「コープスパーティー」は祁答院慎原作によるホラーゲームシリーズの実写化作品。2015年8月に劇場公開され、1万人を超える観客を動員した。

音楽ナタリーをフォロー