音楽ナタリー

乃木坂46白石、出版イベントで語った立ち位置への思い

370

白石麻衣(乃木坂46)

白石麻衣(乃木坂46)

乃木坂46の白石麻衣が本日1月23日に東京・福家書店新宿サブナード店で1stフォトブック「MAI STYLE」の発売記念イベントを行った。

白石はイベントの前に取材に応じ、本の見どころについて「今までのことを赤裸々に語っていたり、いろんな私が詰まっているので、私のことを知らないという人もぜひ見てもらって、知ってもらえたらと思います」とコメントした。同書は本日の発売を前に重版が決定。報道陣に自身の人気ぶりについて意見を求められると、彼女は「不思議な感じがします。けれどそう言っていただけることで『女子力を上げよう』と思ったり、がんばれるのでうれしいです」と笑顔をみせた。

この本にはニューカレドニアで撮影が行われたグラビアに加え、白石が自身の生い立ちを振り返ったインタビューテキスト、彼女の私服コーディネートや白石家の料理を紹介する企画などさまざまなコンテンツが盛り込まれている。料理ページについて白石は「料理はすごく好きで、母から徐々に教わっていろいろ作るようになりました」と語り、報道陣からの「メンバーにはごちそうしないんですか?」という問いかけに「今年はみんなを招待してパーティが開けたらいいですね」と答えた。また本の中でウエディングドレス姿を披露したことから、自身の結婚の展望について語る場面も。白石は「いつかは(ウエディングドレスを)着たいなって思います。そのときは自分でデザインしたものを着たいですね。だけど(婚期は)遅いと思う。周りの人にも『仕事に没頭して結婚とか遅そうだね』って言われます」と明かしていた。

また、先日行われた乃木坂46の11thシングル選抜メンバー発表に関して感想を聞かれた彼女は「私は5作連続で同じポジションだったので、その場所で私なりにやらなければならないことがあるのかなって思います。それぞれのポジションに大事な役割があるから、全員がセンターというような気持ちで輝けるようにやっていけたら」と自身の思いを述べた。グループの今年の活動については「まずは2月の西武ドームライブに向けて一致団結して、大成功できるようにすること。そこから知名度を上げて『AKB48の公式ライバル』という肩書きが取れるくらい大きいグループになりたい」と意気込む。加えて個人的な目標には資格取得とユニット結成の2つを挙げ「調理師免許とか持っていたら将来役に立つかな。お仕事の面では歌が好きなので、5人くらいでユニットを組めたらいいなと思います」と想像を膨らませていた。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】