音楽ナタリー

映画初主演の松井玲奈を共演者絶賛「新たな女優の誕生」

255

遠藤憲一と松井玲奈(SKE48 / 乃木坂46)のダブル主演作「gift」が本日6月14日より、愛知県にて限定公開開始。これを記念して本日、愛知・中川コロナシネマワールドにて行われたが初日舞台挨拶に遠藤憲一、松井玲奈、監督の宮岡太郎が登壇した。

会場には劇中のキーアイテムでもある青い箱を持った観客の姿も多く見受けられ、3人は終始リラックスした様子でトークを繰り広げた。遠藤は劇中で普段とまったく違う雰囲気の荒んだ女性を演じる松井について、「この映画では素の松井さんを観ることができます(笑)」と冗談まじりでコメント。続けて「劇中で松井さんから『おっさん!』と呼ばれるシーンがあるのですが、すっごいいい演技だったんで、カットがかかたら思わず『松井さん、これが素でしょ?』ってツッコんじゃいました(笑)」と話すと、松井は「違いますよ!」と笑顔で否定した。

また松井の演技についても、「松井さんは天才だね! 若い俳優さんとお仕事をさせていただくことが多いんですが、心の中にあるものをポン!と出せるというのが素晴らしいです。今後どんどん女優さんをやっていかれて大女優さんになると思います。(松井に向かって)将来、会ったら挨拶してね(笑)」と高く評価。一方の松井は「初めての出演で、主演をさせていただけるということでうれしかったんですが、遠藤さんと共演させていただけることがうれしかったです」と、映画初主演についての感想を感慨深げに吐露。そして「そんな2人の息が合っている……遠藤さん、息合ってるでいいですよね?(笑)」と、遠藤に聞き返す一幕もあった。さらに遠藤との共演で印象深かったことを聞かれると、松井は「劇中で感情を思いっきり出すシーンがあるんですが、隅っこで気持ちを作っていたら、遠藤さんが近付いてきてくださって、『全部出しな』と一言だけ言って去っていって、その姿が男前で、何か感動して涙が出ちゃいました」と撮影秘話を明かした。

宮岡監督は主演2人の演技について、「松井さんは本当にセリフでのNGというのが1回もなくて、完璧に(セリフを)入れて現場に来てくださっていた。遠藤さんと松井さんはカットをかけなければ、アドリブで演技の応酬をしてくださっていて、そこも本編に入っているので、探してみてください」と絶賛。続けて「いろんな天気のシーンがあるんですが、松井さんが来るとどんどん荒れてくるんですよね(笑)」と語り、観客の笑いを誘った。

続いて行われた観客とのQ&Aでは、3人が来場者からの質問に真剣に答えていった。「タイトルの『gift』にちなんで、誰かに贈りたいものはありますか?」という問いに遠藤が「愛知県限定公開で始まる本作を、全国の皆様に贈りたいです」と回答すると、客席からは大きな拍手と歓声が鳴り響く。そんな中、松井は「撮影は冬だったんですが、雪が降ったり雨が降ったりでした。監督がいつも薄着で……風邪をひいたら大変なので、ダウンジャケットを贈りたいなと撮影中は思ってました(笑)」と宮岡監督を気遣う一面を見せた。

また「giftという言葉には、”才能”という意味もあるのですが、欲しい才能はありますか?」という問いには、松井が「私、運動ができないので……運動能力が欲しいです。でも、劇中で角材で殴るシーンがあったんですが、あそこは思いっきり振って、キレイにできたんでよかったです」と回答。これを受けて宮岡監督は「あのシーンは、実際には殴らないでカメラアングルで殴っているように撮るシーンだったんですが、松井さん本当に当てちゃったんですよね(笑)。俳優さん痛がってましたね(笑)」と裏話を明かして、観客を爆笑させた。

そして最後にこれから「gift」を観る人たちに向けて、遠藤は「本当に、心を込めて皆で作った作品です。ぜひご覧いただきたいです。そして、松井玲奈という新たな女優の誕生をぜひ観に来てください。この作品が愛知県から始まって、全国に広がっていくようにお願いします」とコメント。続けて松井が「最初は荒んだ目をしている2人が、一緒に旅をすることでだんだんと目が変わっていく。その心情の変化などご覧いただけたらうれしいです。この作品が全国に広がっていくことを楽しみにしています。そして皆さんの感想を読ませていただくことも楽しみにしています。よろしくお願いいたします」と語って、初日舞台挨拶を終えた。

音楽ナタリーをフォロー