コミックナタリー

舞台じょしらく開幕!「原作ファンにも乃木坂でよかったと思われるように」

247

舞台「じょしらく」公開稽古の様子。

舞台「じょしらく」公開稽古の様子。

久米田康治・ヤス原作による舞台「じょしらく」が、本日6月18日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。開演前に、今作に出演する乃木坂46のメンバーによる会見と公開稽古が行われた。

「じょしらく」は、女子落語家たちが日常を題材に楽屋トークを繰り広げるギャグマンガ。オーディションを勝ち抜いて舞台版に出演する乃木坂メンバー15人は、「チームら」「チームく」「チームご」の3チームに分かれて熱演を繰り広げる。公開稽古ではチームらのメンバーがはつらつとした演技を見せ、アイドルならではのネタを織り交ぜたジョークも披露した。

会見にはチームらの山崎怜奈、堀未央奈、斉藤優里、伊藤万理華、星野みなみが役衣装で登場。またチームく、チームごのメンバーも応援に駆けつけた。斉藤は「時間をかけてメンバー同士確認しあってきたので、いい本番を迎えられそうです」と前向きなコメント。星野は「声を大きく出して、後ろの席の人にも伝えられるようにしたい」と意気込み、山崎は「原作のファンの方にも『乃木坂がこの舞台をやってくれてよかった』と思ってもらえるように精いっぱいやりたいです」と思いを明かした。

劇中には1公演につき1人のメンバーが創作落語を披露するシーンがあり、初演を担当する堀は「ホントに初めの初めなので緊張してます!」と照れ笑い。また落語家から本格的に落語の指導を受けたというメンバーは、報道陣から「誰が一番落語がうまい?」と問いかけられると全員一致で能條愛未を指す。能條は「教えていただいた落語家さんに『アイドル辞めて落語界に来たら?』って、わりとガチめのオファーをもらいました」と明かし「それはそれでうれしいですよね!」と笑顔を見せた。舞台「じょしらく」は、6月28日まで上演される。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【編集アシスタント】
  • コミックナタリー大賞