コミックナタリー

近代麻雀オリジナルを一新、青年誌・月刊キスカが創刊

515

本日1月8日に竹書房から、新青年マンガ誌・月刊キスカが創刊された。これは近代麻雀オリジナル(竹書房)の誌名や作品、コンセプトを一新したもので、近代麻雀オリジナルと同じ毎月8日に発売されていく。B5判中綴じで価格は390円。

月刊キスカのコンセプトは「読めば気分スカッ!とする青年漫画誌!!!」。アクション、サスペンス、コメディとジャンルは多種多様ながら、いずれも女性キャラを中心に据えた作品が揃った。なお近代麻雀オリジナルの連載作品は、2013年12月号をもってすべて終了している。

巻頭カラーを飾ったのは「超速変形ジャイロゼッター」で知られる永川成基が原作を務め、白狼が作画を手がける「白い魔女」。「白い死神」と呼ばれ恐れられた実在の天才スナイパー、シモ・ヘイヘを女性化した物語だ。

このほか川上亮の小説「人狼ゲーム」を小独活がマンガ化する同名作や、僧侶と同棲する美少女2人のバトルを描く介錯「魂の美食家 ベル&サリー」など、創刊号では11作品をラインナップしている。

月刊キスカ創刊号 作品ラインナップ

「白い魔女」白狼/永川成基
「人狼ゲーム」小独活/川上亮
「エクスタクシー」山口譲司/宮島稔司
「魂の美食家 ベル&サリー」介錯
「いめるいめな」竹内元紀
「タイヘン▼ヘンタイ」みこくのほまれ
「女子力向上カツドウキロク」大塚志郎
「大きい女の子は好きですか?」愛染五郎
「子宝の神様は巫女の処女に興味がある様子です?」いちこ
「愛▼リンカー」ひな姫
※▼はハートマーク

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】