木下惠介×高峰秀子の名作に藤原紀香が挑む、舞台「カルメン故郷に帰る」

6

116

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 24 49
  • 43 シェア

藤原紀香が主演を務める舞台「カルメン故郷に帰る」が、8月に東京・新橋演舞場、9月に大阪・大阪松竹座、愛知・御園座ほかで上演される。

藤原紀香

藤原紀香

大きなサイズで見る(全3件)

木下惠介が監督した映画「カルメン故郷に帰る」(1951年)より。

木下惠介が監督した映画「カルメン故郷に帰る」(1951年)より。[拡大]

カルメン故郷に帰る」は1951年に公開された映画で、木下惠介が監督を務め、高峰秀子らが出演した。家を出て東京でストリッパーとして身を立てるリリィ・カルメンことおきんは、ストリッパー仲間を連れて里帰りする。そこで、おきんたちはストリップショーをすることになり……。

木下惠介が監督した映画「カルメン故郷に帰る」(1951年)より。

木下惠介が監督した映画「カルメン故郷に帰る」(1951年)より。[拡大]

舞台「カルメン故郷に帰る」では、脚本を羽原大介、演出を錦織一清、リリィ・カルメン(おきん)役を藤原が務める。上演に際し、藤原は「作品の舞台を私の第二の故郷である和歌山に移し、関西弁でのお芝居になると聞いています。賑やかで笑いあり涙ありの舞台に仕上がると思いますので、たくさんのお客様に楽しんでいただけたら幸せです」とコメントした。

藤原紀香コメント

この度、舞台「カルメン故郷に帰る」でリリィ・カルメン役をつとめさせていただくことになりました。日本映画史に残る名作を次々と発表された木下惠介監督の、日本初のカラー劇映画の初舞台化ということで自身もワクワクしております。

脚本は羽原大介さん、そして演出は昨年の「毒薬と老嬢」でご一緒させていただいた錦織一清さんで、作品の舞台を私の第二の故郷である和歌山に移し、関西弁でのお芝居になると聞いています。

賑やかで笑いあり涙ありの舞台に仕上がると思いますので、たくさんのお客様に楽しんでいただけたら幸せです。2024年夏、私カルメンは劇場で皆様をお待ちしております♪

この記事の画像(全3件)

舞台「カルメン故郷に帰る」

2024年8月
東京都 新橋演舞場

2024年9月
大阪府 大阪松竹座、愛知県 御園座 ほか

脚本:羽原大介
演出:錦織一清
出演:藤原紀香

全文を表示

読者の反応

  • 6

いく❤️ @19_NICKY_KAZZ

#錦織一清 演出

木下惠介×高峰秀子の名作に藤原紀香が挑む、舞台「カルメン故郷に帰る」(コメントあり) https://t.co/GZ3Uk9TkwE

コメントを読む(6件)

関連記事

藤原紀香のほかの記事

リンク

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 藤原紀香 / 錦織一清 / 羽原大介 / カルメン故郷に帰る の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします