カルメン故郷に帰る

カルメン故郷に帰る

カルメンコキョウニカエル

上映時間:86分 / 製作:1951年(日本) / 配給:松竹大船

解説 東京でストリッパーをしているリリィ・カルメンこと、おきんは仲間のマヤ朱実を連れて里帰りする。おきんと朱実の派手な服装と突飛な行動で村は大騒ぎ。おきんの父は熱を出して寝込んでしまう。しかし、カルメンもマヤも自分たちは芸術家であると信じているので“芸術のために”ストリップ公演をこの村で敢行。大成功を収めて意気揚々と東京へ帰っていく。本作品は日本初の総天然色の長編映画である。しかも使われたフィルムは国産のフジカラー。この国家偉業的作品が木下惠介の手にゆだねられた経緯は、日本映画監督協会が当時最も景気良好だった松竹に要請し、その松竹で興行的に最も安定した力を持っていたのが木下だったことによる。木下得意のユーモア作品で、小林正樹、松山善三、川頭義郎の3人が助監督についている。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:木下惠介

キャスト

高峰秀子
佐野周二
笠智衆
小林トシ子
井川邦子
坂本武
佐田啓二

カルメン故郷に帰るの画像