夜神灯が“神の存在意義”をテーマに描く「ラグナレクの天譴」

1

46

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 9 10
  • 27 シェア

劇団夜神灯公演 舞台「ラグナレクの天譴」が12月17・18日に東京・武蔵野公会堂ホールにて上演される。

劇団夜神灯公演 舞台「ラグナレクの天譴」チラシ

劇団夜神灯公演 舞台「ラグナレクの天譴」チラシ

大きなサイズで見る

これは、アニメやファンタジー映画のような世界観をモチーフに、アクションをメインとした作品作りを行っている劇団夜神灯の公演。過去に上演された「平成末期の大擾乱」「魔天に蝕え尽くデストピア」に続くシリーズ作品となる本作は、今年5月に配信されたものの劇場公演となり、“神の存在意義”をテーマに、終末・ラグナレクを迎えようとする世界で争う神々の最終戦争を描く。脚本・演出を夜弓神楽狐之灯矢が手がけ、出演者には夜弓神楽狐之灯矢のほか、森田麻莉、ゴロゴローネ、陽奈、久保健太、齋藤颯人、武井美緒、宮沢天、村上進哉、空山丈、花川怜奈が名を連ねた。

劇団夜神灯公演 舞台「ラグナレクの天譴」

2021年12月17日(金)・18日(土)
東京都 武蔵野公会堂ホール

脚本・演出:夜弓神楽狐之灯矢
出演:夜弓神楽狐之灯矢、森田麻莉、ゴロゴローネ、陽奈、久保健太、齋藤颯人、武井美緒、宮沢天、村上進哉、空山丈、花川怜奈

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

夜神灯が“神の存在意義”をテーマに描く「ラグナレクの天譴」
https://t.co/DpYHB99i1z https://t.co/gyhuAeFDum

コメントを読む(1件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 夜弓神楽狐之灯矢 / 陽奈 / 宮沢天 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします