ピンク・リバティが“新境地”へ、新作「とりわけ眺めの悪い部屋」スタート

2

76

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 27 43
  • 6 シェア

ピンク・リバティ「とりわけ眺めの悪い部屋」が、昨日11月10日に東京・浅草九劇で開幕した。

ピンク・リバティ 新作公演「とりわけ眺めの悪い部屋」より。(撮影:中島花子)

ピンク・リバティ 新作公演「とりわけ眺めの悪い部屋」より。(撮影:中島花子)

大きなサイズで見る(全8件)

ピンク・リバティ 新作公演「とりわけ眺めの悪い部屋」より。(撮影:中島花子)

ピンク・リバティ 新作公演「とりわけ眺めの悪い部屋」より。(撮影:中島花子)[拡大]

「とりわけ眺めの悪い部屋」は、ピンク・リバティにとって約2年半ぶりとなる新作公演。山西竜矢が作・演出を手がける本作では、とあるアパートに暮らす一郎、その部屋に住み着いた地縛霊の夏子、アパートを訪れる一郎の同僚たちを描いた群像劇が展開される。夏子役を湯川ひな、一郎役を長友郁真が担当。そのほかのキャストには、大西礼芳北村優衣斎藤友香莉、稲川悟史、古野陽大、葉丸あすか富川一人が名を連ねた。

ピンク・リバティ 新作公演「とりわけ眺めの悪い部屋」より。(撮影:中島花子)

ピンク・リバティ 新作公演「とりわけ眺めの悪い部屋」より。(撮影:中島花子)[拡大]

山西は「ピンク・リバティが、新しい境地に足を踏み入れる作品になっていると思います」と手応えを明かし、「膨大な量のセリフと、それをお客様に届けることのできる力強いキャスト、頼もしいスタッフが、劇場でお待ちしています。是非ご来場下さい」と観客に呼びかけた。

上演時間は休憩なしの約2時間。公演は14日まで。

山西竜矢コメント

山西竜矢

山西竜矢[拡大]

二年半ぶりの新作公演「とりわけ眺めの悪い部屋」開幕しました。

本作は、ピンク・リバティが、新しい境地に足を踏み入れる作品になっていると思います。

舞台は、主人公の地縛霊・夏子が住む家。ここでは、男女関係の問題が、次から次へと巻き起こっていきます。人間のどうしようもなさがこれでもかと詰まった情景は、コミカルさとグロテスクさが混在した、なんともいえない趣です。

そんな、けっして良いとは言えない眺めを見つめる夏子は、何を思い、どこへ向かうのか。

たった5日間、14日までの公演。今、ここには、確かに美しい空間があります。

膨大な量のセリフと、それをお客様に届けることのできる力強いキャスト、頼もしいスタッフが、劇場でお待ちしています。

是非ご来場下さい。

この記事の画像(全8件)

ピンク・リバティ 新作公演「とりわけ眺めの悪い部屋」

2021年11月10日(水)~14日(日)
東京都 浅草九劇

作・演出:山西竜矢
音楽:渡辺雄司
出演:湯川ひな長友郁真大西礼芳北村優衣斎藤友香莉、稲川悟史、古野陽大、葉丸あすか富川一人

全文を表示

読者の反応

  • 2

森正祐紀|配役家 @ymo1001bpm

【公演レポート】ピンク・リバティが“新境地”へ、新作「とりわけ眺めの悪い部屋」スタート(コメントあり) https://t.co/UG2SxWcrpH

コメントを読む(2件)

関連記事

ピンク・リバティのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ピンク・リバティ / 山西竜矢 / 湯川ひな / 長友郁真 / 大西礼芳 / 北村優衣 / 斎藤友香莉 / 葉丸あすか / 富川一人 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします