Sexy Zone佐藤勝利が14歳の少年演じる「ブライトン・ビーチ回顧録」スタート

佐藤勝利Sexy Zone)が主演を務めるPARCO PRODUCE「ブライトン・ビーチ回顧録」が、本日9月18日に東京・東京芸術劇場 プレイハウスで開幕した。

PARCO PRODUCE「ブライトン・ビーチ回顧録」より。(撮影:御堂義乗)

PARCO PRODUCE「ブライトン・ビーチ回顧録」より。(撮影:御堂義乗)

大きなサイズで見る

ニール・サイモン作「ブライトン・ビーチ回顧録」は、同作と「ビロクシー・ブルース」「ブロードウェイ・バウンド」からなる“B・B三部作”の1つ。“B・B三部作”は、サイモン自身を思わせるユージンを中心とした青春成長物語で、1作目の「ブライトン・ビーチ回顧録」では、思春期のユージンの姿が描かれる。

日本では青井陽治の翻訳・演出により、1985年に東京・PARCO劇場で初演された。今回の上演では、小山ゆうなが演出を手がける。出演者には佐藤のほか、松下由樹入野自由須藤理彩川島海荷岩田華怜神保悟志が名を連ねた。

1937年9月、ニューヨークのブルックリン地区の南にあるブライトン・ビーチ。人々は深刻な不況と近付く戦争の足音に、不安な日々を送っていた。思春期を迎えた14歳のユダヤ人少年ユージンは、父ジャック、母ケイト、兄スタンリーの4人家族。またケイトの妹ブランチが夫に先立たれ、2人の娘を連れて居候している。ユージンは野球選手か作家になる夢を抱きながら、毎日秘密の回顧録を書いていた。家族はそれぞれに問題を抱えていて……。

上演時間は休憩20分を含む、約2時間55分。東京公演は10月3日まで行われ、7日から13日まで京都・京都劇場でも上演される。

PARCO PRODUCE「ブライトン・ビーチ回顧録」

2021年9月18日(土)~10月3日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2021年10月7日(木)~13日(水)
京都府 京都劇場

作:ニール・サイモン
翻訳:青井陽治
演出:小山ゆうな
出演:佐藤勝利Sexy Zone) / 松下由樹入野自由 / 須藤理彩川島海荷岩田華怜神保悟志

全文を表示

関連記事

佐藤勝利のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 佐藤勝利 / Sexy Zone / 松下由樹 / 入野自由 / 須藤理彩 / 川島海荷 / 岩田華怜 / 神保悟志 / 小山ゆうな の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします