NEWS・増田貴久が再びフィンチに、ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」上演決定

2158

ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」が、11月20日から12月7日まで東京・東急シアターオーブ、14日から16日まで大阪・オリックス劇場で上演される。

増田貴久(NEWS)

増田貴久(NEWS)

大きなサイズで見る(全2件)

ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」の出演者。

ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」の出演者。[拡大]

「ハウ・トゥー・サクシード」は、1961年にブロードウェイで初演され、翌年のトニー賞で最優秀ミュージカル作品賞を含む7冠を獲得したコメディミュージカル。日本では昨年、振付も手がけたクリス・ベイリーの新演出版が上演され、同作にNEWS・増田貴久が主演した。今回はその再演となる。

主人公フィンチに再び挑む増田のほか、メインキャストには、唯月ふうか松下優也雛形あきこ、黒須洋嗣、林愛夏ブラザートム春野寿美礼石川禅が名を連ねている。なお、松下、雛形、林、ブラザートム、春野は、2020年上演版にも出演した。

上演に向け、増田は「前回は、お稽古場で共演の皆さんが作ってくださる空気だったり、歌やダンス、色々なものがどんどん体に入っていく中で、少しずつ僕なりのフィンチを作ることが出来たかなと思います。フィンチが明るくまっすぐな人であるのは今回も変わらないですが、再演なので、また違ったアプローチもできるかなと思っています。今回から新しくご一緒する方もいらっしゃいますし、前回より成長したところをしっかり活かせる事ができれば」とコメントしている。チケットの一般販売は、11月6日にスタート。

増田貴久コメント

再演が決まってとても嬉しく、幸せに思っています。

僕の演じるフィンチという役は、これまでに沢山の方が演じ、愛されてきた役で、映画版も含めて色々なフィンチがいます。そういった役を演じるのは、どんな感じなんだろう、と思っていましたが、前回は、お稽古場で共演の皆さんが作ってくださる空気だったり、歌やダンス、色々なものがどんどん体に入っていく中で、少しずつ僕なりのフィンチを作ることが出来たかなと思います。フィンチが明るくまっすぐな人であるのは今回も変わらないですが、再演なので、また違ったアプローチもできるかなと思っています。今回から新しくご一緒する方もいらっしゃいますし、前回より成長したところをしっかり活かせる事ができればと思います。

共演の皆さんと一緒に、エネルギーを全力で出しきらないとできないほどパワフルな作品なので、稽古場の熱量がすごいんです。今回も、フィンチは上手に会社のトップまで上り詰めないといけないので毎公演戦いです。

ぜひ、劇場に遊びに来ていただければと思います。

この記事の画像(全2件)

ミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」

2021年11月20日(土)~12月7日(火)
東京都 東急シアターオーブ

2021年12月14日(火)~16日(木)
大阪府 オリックス劇場

原作:シェパード・ミード
脚本:エイブ・バローズ、ジャック・ウェインストック、ウィリー・ギルバート
作詞・作曲:フランク・レッサー
演出・振付:クリス・ベイリー
翻訳・訳詞:高橋亜子
音楽監督:荻野清子
演出補:荻田浩一

出演:増田貴久(NEWS)、唯月ふうか松下優也雛形あきこ、黒須洋嗣、林愛夏ブラザートム / 春野寿美礼石川禅 / 青山航士、武藤寛、風間由次郎、大村真佑、工藤広夢、坂元宏旬、柴原直樹、MAOTO、松本和宜、りんたろう、天野朋子、熊澤沙穂、咲良、田口恵那、笘篠ひとみ、米島史子

全文を表示

関連記事

増田貴久のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 増田貴久 / 唯月ふうか / 松下優也 / 雛形あきこ / 林愛夏 / ブラザートム / 春野寿美礼 / 石川禅 / 風間由次郎 / 工藤広夢 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします